シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 河合 優子(KAWAI YUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 4253(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM762 



授業の
目標
Course
Objectives
自らの卒業研究課題に適切な研究方法を見つけ、先行研究文献調査を完成させる。 
This course aims to help students learn various research methods so that they can find one that is appropriate for their senior thesis. In addition, they will complete the literature review section of their thesis.  
授業の
内容
Course
Contents
専門演習2では研究法と分析法を中心に学んでいく。まず、質的研究法とは何か、データ分析をどのようにして行うかについて学ぶ。加えて、各自の研究テーマに関する文献調査を行い、クラス内でその発表を行うことで先行研究文献調査をすすめる。学期末には、卒業研究の前半部分にあたる先行研究文献調査と研究法までのセクションを「研究計画書」として提出してもらい、受講生が互いの計画書を読んで批評し合うことで、研究内容をよりよいものにしていく。 
This course will grant students the opportunity to learn qualitative research methods and to understand the ways of collecting and analyzing qualitative data. In addition, students will continue to perform a literature review for their research topic and will present their progress multiple times in classroom sessions. At the end of the semester, students will be required to submit a research proposal that includes the sections comprising their literature review and their research methods.  
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 研究法(1) 
3. 研究法(2) 
4. 研究法(3) 
5. 分析(1) 
6. 分析(2) 
7. 分析(3) 
8. 先行研究文献発表(1) 
9. 先行研究文献発表(2) 
10. 先行研究文献発表(3) 
11. 研究計画発表(1) 
12. 研究計画発表(2) 
13. 研究計画書相互レビュー 
14. 研究計画書返却面談 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題文献は必ず読んで授業に参加すること 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・授業参加貢献度(20%) 、口頭発表(30%) 、提出物(50%)
テキスト
Textbooks
初回の授業で指示する。
参考文献
Readings
授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業は受講生の発表および討論を中心にすすめる。期末レポートはコメントをつけて返却する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP