シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 松下 佳世(MATSUSHITA KAYO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 9203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) DM771 



授業の
目標
Course
Objectives
自ら設定したテーマについて研究計画を立て、先行研究の調査やデータの収集・整理など、卒業研究の成果物の作成を進めていく。学期末の段階で、基礎的な調査を終え、研究に必要な材料が全て揃っている状態を目指す。 
This course aims to develop a research proposal based on the topic chosen during the previous semester. Students will continuously work on the research project by analyzing prior research and collecting/organizing data. The main part of the research containing all the necessary elements should be ready by the end of the semester. 
授業の
内容
Course
Contents
卒業研究を形にするための具体的な事項を学習する。各自の問題意識をどのように卒業研究のテーマに結びつけていくのか、卒業までの期間で実施可能な研究とはどのようなものなのか、テーマやリサーチクエスチョンを設定してから成果物の完成までどのようなデータ収集や調査にとりくめばよいのかなどを議論し、卒業研究の骨格づくりを進める。 
Learn about the specific components that form a graduation research project. Formulate the framework of the project through discussions on how to a) transform an idea into a research project, b) define the scope of research so that it can be completed before graduation, and c) find ways to collect necessary data to be analyzed or targets to be investigated in order to find answers to the research questions. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 各自の研究テーマの再確認 
3. 研究計画の再検討と修正 
4. 研究の実施と進捗状況の報告1 
5. 研究の実施と進捗状況の報告2 
6. 研究の実施と進捗状況の報告3 
7. 研究の実施と進捗状況の報告4 
8. 研究の実施と進捗状況の報告5 
9. 研究の実施と進捗状況の報告6 
10. 研究の実施と進捗状況の報告7 
11. 研究の実施と進捗状況の報告8 
12. 研究の実施と進捗状況の報告9 
13. 最終発表 
14. まとめと研究報告書の提出 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
文献講読、調査、データ分析などを自らのペースで進めること。また、進捗状況について適宜報告すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席と授業への貢献(30%) 、最終発表(30%) 、研究報告書(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 白井利明・高橋一郎  『よくわかる卒論の書き方』   ミネルヴァ書房  2013  4623065723 
その他(Others)
必要に応じて適宜通知・配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. マンデイ, J. 著  『翻訳学入門』   みすず書房  2009  4622074559 
2. ポェヒハッカー, F. 著  『通訳学入門』   みすず書房  2008  4622074125 
3. ピム, A. 著  『翻訳理論の探求』   みすず書房  2010  4622075180 
4. 石井 敏・久米 昭元 (編)   『異文化コミュニケーション研究法―テーマの着想から論文の書き方まで 』   有斐閣  2005  4641183171 
5. 鳥飼玖美子編著  『よくわかる翻訳通訳学』   ミネルヴァ書房  2013  4623067270 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP