シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 佐竹 晶子(SATAKE AKIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM776 



授業の
目標
Course
Objectives
各自の興味と問題意識に合わせて、研究テーマを絞り込み、確定する。また、必要な文献を収集し、問題の背景や先行研究の知識を積み上げていく。 
Combining each student’s interests with issues they are aware of, students will whittle down possible research topics and finalize the topic, collect necessary literature, accumulate background knowledge and existing research on the topic. 
授業の
内容
Course
Contents
各自の研究テーマに沿って、毎週、文献を読んで得た知識を報告文としてまとめ、それに対する質疑応答を通して、自分の論理の整合性、更に調べるべき事柄などを確認していく。他の報告に対して第三者として質問や意見を述べることにより、客観的な批判能力を磨いていく。必要に応じて、論文の書き方の復習も同時に行う。 
Every week each student will write a report summarizing knowledge acquired from literature covered in line with their research topic. Then via a question and answer session based on the report, students can check the consistency of their logic and find other areas they need to investigate. By independently asking questions and expressing their opinion about others' reports, students will improve their ability to objectively critique the work of others. Depending on the students' needs, the mechanics of how to write an academic paper will be reviewed. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究テーマの構想発表 
2. 研究テーマの絞り込み、研究計画案 
3. 文献報告と討議(1) 
4. 文献報告と討議(2) 
5. 詳細な図書館検索講義 
6. 文献報告と討議(3)論文の書き方の確認 
7. 文献報告と討議(4) 
8. 文献報告と討議(5) 
9. 文献報告と討議(6) 
10. 文献報告と討議(7) 
11. 文献報告と討議(8) 
12. 文献報告と討議(9)論文の書き方の演習 
13. 文献報告と討議(10)論文の構成検討 
14. 研究中間報告と夏休みの研究課題確認 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
文献・資料の要約、報告文(40%) 、質疑応答、討議参加度(30%) 、文献・資料に関する口頭報告(30%)
テキスト
Textbooks
各自のテーマに寄り、適宜指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP