シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 山口 まり子(YAMAGUCHI MARIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) X205(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM778 



授業の
目標
Course
Objectives
自ら設定したテーマについて研究計画を立て、先行研究の調査やデータの収集・整理など、卒業研究の成果物の作成をすすめていく。 
This couse aims to help students extend their understanding of the readings and discussions accomplished in Advanced Seminar 1 by reading more works on the philosophy of action, ethics, the philosophy of art, and so on. They will also be asked to select their thesis topic and begin preparations for their thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
専門演習1で議論・考察したことをベースに、発話や行為の意味・意図、他者の理解、選択と責任などの諸問題を、倫理・芸術・社会問題などとの関連でより深く考察していくと同時に、参加者は卒業研究のテーマをしぼり、発表とディスカッションを行う。
終了時(=夏の休暇前)には、卒業研究のテーマと扱う文献、議論の構成が明確になっていることを目指す。 
Grounded in the readings and discussions accomplished in Advanced Seminar 1, this course will require students will to 1) further read and discuss works on the philosophy of action, focusing on the relationship among between the agent's intention, the understanding of this intention by others, choice, and responsibility; 2) apply the theories to ethics, art, and social problems. Student By the end of the course, students will need to select the topic for their thesis and begin preparations toward its writing 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 発表1・ディスカッション 
3. 発表2・ディスカッション 
4. 発表3・ディスカッション 
5. 発表4・ディスカッション 
6. 発表5・ディスカッション 
7. 発表6・ディスカッション 
8. 発表7・ディスカッション 
9. 発表8・ディスカッション 
10. 発表9・ディスカッション 
11. 発表10・ディスカッション 
12. 発表11・ディスカッション 
13. 発表12・ディスカッション 
14. 発表13・ディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加・発表・提出物など(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
使用するテキストや資料は授業で配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. J. S. ミル  『自由論』   光文社文庫  2012   
2. Gray, J. & Smith, G. W.  J. S. Mill's “On Liberty” in focus   Routledge   1991   
3. ピーター・ウィンチ  『倫理と行為』   勁草書房  1987   
4. Winch, Peter  Ethics and Action   Routledge  1972   
5. 伊勢田哲治 他 編  『生命倫理学と功利主義』   ナカニシヤ出版  2006   
その他(Others)
上記以外の参考文献については授業で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP