シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習2
(Advanced Seminar 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 石川 文也(ISHIKAWA FUMIYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM784 



授業の
目標
Course
Objectives
各自の問題意識を学術的なテーマと結びつけることで「卒業研究」のテーマを設定することを目標とし,そのために必要な基礎的な事項(研究方法など)を身につけるための授業をおこなう。 
The goal of this seminar is for students to determine themes for Senior Research and Thesis by connecting their awareness of various issues to academic themes, and classes are conducted to help students master the fundamental elements (research methods and the like) required to make that determination. 
授業の
内容
Course
Contents
ことばによってどのような「知」がどのようなプロセスに従って伝達されるかを明らかにする方法として「ディスクール分析」と「会話分析」がある。「ディスクール分析」は主として1960年代にフランスで始められた分析方法であり,「会話分析」はアメリカで生まれ,その後フランスでも展開されているアプローチである。ともにことばを研究対象として相対化する研究方法であり,言語教育・習得の分野にも導入され,外国語の授業内外においてことばによってことばに関係するどのような情報がどのようなプロセスによって伝達されるのかを明らかにするために用いられている。
本専門演習では,「ディスクール」あるいは「会話分析」に関する基本的な知識の習得と基礎的分析能力の養成を目指し,日本語,フランス語あるいは英語で書かれた文献あるいは複数の文献からの抜粋を精読するとともに,履修者自身にことばの使用あるいは言語教育・習得に関してテーマを設定してもらい,具体的な分析資料体を使ってそのテーマについての考察を実践してもらう。この作業と並行して,卒業研究(論文)執筆のための準備作業をおこなう。 
Discourse analysis and conversation analysis are two ways to clarify the kinds of knowledge that are communicated with language, and the processes by which they are communicated. Discourse analysis is an analytical method that began in earnest in France in the 1960s, and conversation analysis is an approach that originated in the United States of America and then spread to France. They are both research methods that relativize language as the research subject, and have been adopted in the fields of language education and acquisition to clarify the kinds and processes by which language-related information is communicated using language inside and outside foreign language classrooms.
The purpose of this Advanced Seminar is to teach students basic knowledge and fundamental analytical skills regarding discourse and conversation analysis by having them carefully read whole and excerpted literature written in Japanese, French and English, identify themes related to their own language use or language education and acquisition, and use specific analytical resources to consider their themes in practical terms. Students will do preparation work for writing their graduation theses in parallel with their work in this course. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 「学術的知」の技法の説明 
3. 論文の書き方の説明 
4. テキストの輪読と報告(1) 
5. テキストの輪読と報告(2) 
6. テキストの輪読と報告(3) 
7. 卒業論文批判(1) 
8. 卒業論文批判(2) 
9. 研究計画書あるいは卒業研究の中間報告(1) 
10. 研究計画書あるいは卒業研究の中間報告(2) 
11. 研究計画書あるいは卒業研究の中間報告(3) 
12. 共同討議(1) 
13. 共同討議(2) 
14. まとめ、あるいは卒業研究の口頭審査 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回の授業で各回のための準備学習を指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(40%) 、口頭発表(30%) 、卒業研究(論文)の進捗(30%)
テキスト
Textbooks
初回の授業で決定する。
参考文献
Readings
授業中に配付するプリントあるいはメイルの添付ファイルなどによって随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
通常の授業に加えて,研究計画書の作成のための個別指導と添削を主にメイルでおこなう。
学生の報告あるいは提出物について,口頭あるいは筆記によってコメントする。
各回の授業形態については、初回授業(対面形態)において周知する。学期期間中に、新型コロナウイルスの感染拡大などによって開講形態を変更せざるを得ない場合は、前もって速やかに周知する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP