シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習3
(Advanced Seminar 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 日下部 尚徳(KUSAKABE NAONORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 9404(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM815 



授業の
目標
Course
Objectives
1、国際協力の各分野における現状を説明できるようになる
2、国際協力の各論レベルでの課題を論じることができるようになる
3、参加型学習を通じて、ひとりひとりが国際協力にどのようにかかわるべきかを考えられるようになる 
This course aims to help students:
1. To be able to explain the current status of different fields of indomains of international cooperation
2. To be able to discuss various issues at different levels of international cooperation
3. To be able to consider for each individual how to get involved with international cooperation through participatory learning. 
授業の
内容
Course
Contents
国際協力とは国際社会の平和と安定のために、海外の国や人びとを支援することです。世界規模での環境破壊や感染症の蔓延、格差の拡大、地域紛争の深刻化が進む中、国際社会が協力して問題解決に向けた取り組みを促進することが求められています。

しかしながら一方で、途上国と呼ばれる国々の文化や社会構造への不理解から、支援が予定された効果を生まないケースは枚挙にいとまがありません。そのため、授業では参加型学習を通じて、国際的な社会問題を途上国に住む人びとの視点から学び、異文化理解を前提とした国際協力のあり方を、受講生とともに考えていきたいと思っています。 
International cooperation supports countries and people in foreign lands to maintain the peace and stability of the international community. The international community is expected to extend additional efforts to resolve mounting global issues such as environmental destruction, the spread of infectious diseases, increasing economic inequality, and escalating regional conflicts through international cooperation.
However, there are endless examples of international assistance not having achieved its planned outcome because of the lack of understanding of the cultures and social structures of so-called developing countries. To avoid such problems in the future, this course will instruct students on approaching social issues of international import from the viewpoint of people living in developing countries, emphasizing the manner in which international cooperation must develop an understanding of different cultures. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:地域に立脚した国際協力を考える
アイスブレイク:受講者の自己紹介 
2. 現状を知る①:安全な水の確保 
3. 現状を知る②:保健衛生の課題 
4. 現状を知る③:初等教育の拡充 
5. 現状を知る④:インフラの整備 
6. 方法を知る①:国際協力プロジェクトとは何か 
7. 方法を知る②:ロジカル・フレームワーク手法 
8. 方法を知る③:PCM・PLA手法 
9. 方法を知る:政府開発援助による国際協力 
10. 方法を知る④:マイクロクレジット 
11. 方法を知る⑤:新しい国際協力の取り組み 
12. 課題を知る①:地球規模の課題 
13. 課題を知る②:国際協力の潮流 
14. 国際協力の今後 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
1、授業内で指示した文献や資料を事前に読んでおくこと
2、講義に関連する新聞記事のスクラップをおこなうこと
3、授業終了時に示す課題についてレポートを作成すること
4、次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等の理解をしておくこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回のリアクションペーパー(60%) 、授業における参加の度合い(40%)
備考(Notes)
”合否は「卒業研究」の合否と連動する”
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 日下部尚徳  『わたし8歳、職業、家事使用人。 : 世界の児童労働者1億5200万人の1人』   合同出版  2018  9784772613620 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP