シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習3
(Advanced Seminar 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 4251(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM819 



授業の
目標
Course
Objectives
自ら設定したテーマについて調査研究を継続し、期限までに質の高い卒業研究の成果物を完成させることを目的とする。 
The goal of this seminar is for students to continue investigative research on their chosen themes and complete the final versions of high-quality graduation theses by the deadline. 
授業の
内容
Course
Contents
各自が選んだテーマについての卒業研究の進捗状況、何が明らかになったのか、調査はどのような結果になったのかなどを報告し、それについて参加者全員でディスカッションをしながら授業を進める。同時にそれぞれの学生の研究に関連する日本語教育についての新しい論文も講読し、より一層、日本語教育についての理解を深めていく。実際に日本語教員になっていく可能性も考え、現場で働く日本語教員の話を聞いたり、現場を見学したりする機会を設ける。 
Classes are structured around students’ reports and full-participation discussions on their progress on their graduation theses on their chosen themes, what they have discovered, and the results of their investigations and other efforts. In addition, students will further their understanding of Japanese language education by reading new academic papers from the field that relate to their own research. To account for the possibility that some students will become Japanese language instructors, this seminar offers students opportunities to listen to what actual Japanese language instructors say and to observe them in action. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、進め方 
2. 論文1の講読及び卒業研究発表1 
3. 論文2の講読及び卒業研究発表2 
4. 論文3の講読及び卒業研究発表3 
5. 論文4の講読及び卒業研究発表4 
6. 論文5の講読及び卒業研究発表5 
7. 論文6の講読及び卒業研究発表6 
8. 論文7の講読及び卒業研究発表7 
9. 論文8の講読及び卒業研究発表8 
10. 論文9の講読及び卒業研究発表9 
11. 論文10の講読及び卒業研究発表10 
12. 卒業研究発表及び質疑応答1 
13. 卒業研究発表及び質疑応答2 
14. 卒業研究発表及び質疑応答3 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、卒業研究発表(35%) 、論文講読分担(15%) 、参加度(20%)
備考(Notes)
”合否は「卒業研究」の合否と連動する”
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)授業は各受講者が主体となるディスカッションを通して行われるため、受講者は各自が自分のテーマについて自発的に調べ、発表することが求められる。
2)各参加者のプレゼンテーションについては、次の回の授業でフィードバックを行う。
3)連絡事項、資料の配付などはBlackboardを通して実施する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP