シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/専門演習3
(Advanced Seminar 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 浜崎 桂子(HAMAZAKI KEIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) D601(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC4543 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) DM833 



授業の
目標
Course
Objectives
各自が選択した領域についてさらに深く主体的に学び,調査しながら,卒業研究を執筆する。 
Students will independently study their chosen areas in more depth, conduct investigations and writeup their graduation research projects. 
授業の
内容
Course
Contents
専門演習1および2で学び議論した点を踏まえ,各自の研究テーマについて主体的に調査をし,論文を執筆する。授業では,論文の書き方,調査の仕方について学び,また各自の卒業研究について発表,議論を行う。  
Building on the discussions and readings in Advanced Seminars 1 and 2, students will independently conduct investigations and write academic papers on their research topics. In classes we will learn how to write an academic paper and conduct a survey. Also, each student will give a presentation and hold a discussion about their graduation research project. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入1:論文執筆方法ワークショップ 
2. 導入2:調査方法ワークショップ 
3. 文献調査方法1 
4. 文献調査方法 2 
5. 担当者による発表と議論 1 
6. 担当者による発表と議論 2 
7. 担当者による発表と議論 3 
8. 担当者による発表と議論 4 
9. 論文ピア・レビュー1 
10. 論文ピア・レビュー2 
11. 論文ピア・レビュー3 
12. 卒業論文口頭発表1 
13. 卒業論文口頭発表2 
14. 卒業論文口頭発表3 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業の議論への積極的な参加(40%) 、授業内での口頭発表(30%) 、学期末のレポート(30%)
備考(Notes)
”合否は「卒業研究」の合否と連動する”
テキスト
Textbooks
初回授業内で配付
参考文献
Readings
適宜授業内で指示
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
受講者による発表と議論を中心に授業を行う。発表などについては,随時授業内でフィードバックを行う。
履修者と調整のうえ、授業曜日時限以外にピアレビューを行うことがある。
対面授業とオンライン授業の回数については、履修者と適宜相談のうえ決定する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP