シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX023/民法3(法学科2年次)
(Civil Law 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
契約法・債権総論 
担当者 (Instructor) 山口 敬介(YAMAGUCHI KEISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) M201(Room)
秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) M201(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 法学科2年次のみ 
テキスト用コード (Text Code) EX023 



授業の
目標
Course
Objectives
契約法・債権総論の基本的な考え方を理解することを目標とします。 
The aim of this course is to help students acquire an understanding of the basic concepts of Contract Law and the general theory of claims. 
授業の
内容
Course
Contents
民法第3編「債権」のうち、いわゆる契約法(第3編第2章)及び債権総論(第3編第1章、ただし、多数当事者の債権債務、弁済による代位、相殺は除きます)について講義を行います。
債権総論は契約以外に基づいて成立する債権についてのルールでもありますが、講義の中心となるのは契約に関わるルールです。契約は、人と人との間をつなぐ、現代社会に不可欠のツールであり、日常生活でもビジネスでも重要な役割を果たしています。したがって、契約に関する法は、将来どのような進路に進むかにかかわらず、法学部で学ぶ皆さんにとって重要性の高い分野です。
内容は膨大ですので、この授業では、枝葉末節や技術性の高い部分にはあまり立ち入らず、基本的な考え方を十分に理解できるように努めます。 
This course deals with the basic concepts and principles of so-called Contract Law (Part III, Chapter II of the Civil Code) and the general theory of claims (Part III, Chapter I of the Civil Code, except sections involving claims and obligations of multiple-parties, subrogation by performance, and set-offs).
While the general theory of claims is a set of rules which applies to claims arising not only from contracts but also from causes other than contracts, the main focus of the course will be on rules related to contracts. Contracts are essential tools in modern society. They play an important role in everyday life and in business. Contact law is thus a very important area for everyone studying in the College of Law and Politics no matter what profession he/she chooses in the future.
Because this area involves a massive number of issues, this course will not go into details or highly technical issues, and try to help students achieve full understanding of fundamental principles underlying the laws. 
授業計画
Course
Schedule
1. 契約法序説-契約・契約法の意義 
2. 契約の成立とその周辺・その1 
3. 契約の成立とその周辺・その2 
4. 契約の効力 
5. 履行請求権・履行不能 
6. 履行強制 
7. 損害賠償・その1 
8. 損害賠償・その2 
9. 損害賠償・その3 / 契約の解除・その1 
10. 契約の解除・その2 / 事情変更の法理 
11. 担保責任 
12. 賃貸借・その1 
13. 賃貸借・その2 
14. 賃貸借・その3 
15. 信用供与契約・その1-消費貸借等 
16. 信用供与契約・その2-販売信用等 
17. 雇用・請負 
18. 請負・委任 
19. 組合 / 無償契約・その1 
20. 無償契約・その2 / 債権の分類 
21. 弁済・その1 
22. 弁済・その2 
23. 債権譲渡・その1 
24. 債権譲渡・その2 
25. 債務引受・契約上の地位の移転 
26. 第三者による債権侵害 
27. 債権者代位権 
28. 詐害行為取消権 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
復習は重要です。毎回、復習範囲としていくつかの教科書の該当箇所を具体的に指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
複数回の小テスト(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中原太郎他  民法4 債権各論 判例30   有斐閣  2017  978-4-641-13779-0 
2. 田髙寛貴他   民法3 債権総論 判例30   有斐閣  2017  978-4-641-13777-6  
その他(Others)
特定の教科書は指定しませんが、講義開始時に、主な教科書を紹介します。
講義には、六法及び上記判例教材を持参することが不可欠です。
参考文献
Readings
より発展的な勉強に資する文献を適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
民法1の内容はおおむね理解していることを前提に講義を進めます。そのつもりで準備をしておいてください。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP