シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX026/民法2(その他)
(Civil Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
物権法 
担当者 (Instructor) 山口 敬介(YAMAGUCHI KEISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 法学科3年次以上,国際ビジネス法学科2年次以上,政治学科2年次以上 
テキスト用コード (Text Code) EX026 



授業の
目標
Course
Objectives
物権法の基本的考え方を理解することを目標とします。 
The aim of this course is to help students acquire an understanding of the basic concepts of the law of real rights 
授業の
内容
Course
Contents
民法第2編「物権」のうち、いわゆる担保物権法を除いた部分(第175条~第294条)について基礎的な講義をします。
物権の対象となる物とは、我々の生活にもビジネスにも重要な財産である不動産や動産であり、物権とは、これらの物を他者より優先的に支配する権利です。物権の変動や帰属等に関するルールである物権法を学ぶことは、我々の社会にとって重要な財産に関する基本的ルールを学ぶことを意味します。
進行予定は下記のとおりですが、とりわけ物権変動の部分は、(民法1の履修範囲を含む)基礎からの丁寧な積み重ねが不可欠です。そこで、重複をいとわず前提となる知識の確認を行いながら講義を進めるように努めます。 
This course deals with the basic concepts and principles of so-called Property Law (Article 175 to Article 294 in the Civil Code) , except sections involving Security Property Law.
"Things" which are the object of real rights are real estate and movable, and these play an important role in everyday life and in business. Real rights are the power of control to these things. The law of real rights are thus fundamental rules about important property for our society.
Since background knowledge is essential especially for the part of "changes in real rights", the lecture will take care to refer to these knowledge as needed. 
授業計画
Course
Schedule
1. 物権・物権法序説 
2. 不動産物権変動1-物権変動の基本構造 
3. 不動産物権変動2-物権の取得原因 
4. 不動産物権変動3-不動産登記制度 
5. 不動産物権変動4-民法177条の「第三者」 
6. 不動産物権変動5-民法177条の「第三者」 
7. 不動産物権変動6-取消しと登記 
8. 不動産物権変動7-取得時効と登記 
9. 動産物権変動 
10. 物権的請求権 
11. 所有権 
12. 所有権-共同所有 
13. 所有権-共同所有 
14. 用益物権・占有 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
復習は重要です。毎回、復習範囲としていくつかの教科書の該当箇所を具体的に指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
複数回の小テスト(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 水津太郎他  民法2 物権 判例30   有斐閣  2017  978-4-641-13785-1 
その他(Others)
特定の教科書は指定しませんが、講義開始時に、主な教科書を紹介します。
講義には、六法及び上記判例教材を持参することが不可欠です。
参考文献
Readings
より発展的な勉強に資する文献を適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
民法1の内容を理解していることを前提に講義を進めます。そのつもりで準備をしておいてください。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP