シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX027/民法3(その他)
(Civil Law 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
債権総論・契約法の解説 
担当者 (Instructor) 野澤 正充(NOZAWA MASAMICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) オンライン
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 法学科3年次以上,国際ビジネス法学科2年次以上,政治学科2年次以上 
テキスト用コード (Text Code) EX027 



授業の
目標
Course
Objectives
債権総論・契約法について,基本的な理解を得る。 
The objective of this course is to achieve a basic understanding of the general theory of claims and Contract Law. 
授業の
内容
Course
Contents
民法典の第三編「債権」のうち,事務管理・不当利得・不法行為を除いた部分,いわゆる債権総論(ただし,多数当事者の債権関係,弁済による代位,相殺を除く)と契約法の分野を扱う。解説すべき事柄が極めて多い一方で,講義時間が限られているので,必ずしもすべての問題点に触れることはできないが,レジュメを用いて,具体的なイメージを大切にしながら解説したい。なお、講義内容は、2020年4月1日施行の改正民法に基づいて行う。 
The classes will cover the so-called general theory of claims (however not including claims and obligations of multiple-parties, subrogation by performance, set-offs and obligee's subrogation right,) and the field of Contract Law within the "Claims" section in Part III of the Civil Code with the exception of negotiorum gestio (management of Business), torts, and unjust enrichment. While there are a great number of matters which should be explained, the class will not necessarily touch on all issues, because the lecture time is limited. However, summaries will be used to explain while keeping in mind the importance of a clear picture. Furthermore, the lectures will be conducted based on the revised Civil Code which will be enforced from April 1, 2020.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 債権の意義、契約の成立 
2. 特定物債権と種類債権 
3. 金銭債権,利息債権,弁済-債権の任意的実現1 
4. 弁済-債権の任意的実現2 
5. 受領遅滞 
6. 債権の強制的実現 
7. 債務不履行1 
8. 債務不履行2 
9. 損害賠償1 
10. 損害賠償2 
11. 契約法序説-契約自由の原則 
12. 契約の成立 
13. 契約の効力 
14. 契約の解除1 
15. 契約の解除2 
16. 売買1 
17. 売買2 
18. 売買3 
19. 消費貸借 
20. 賃貸借1 
21. 賃貸借2 
22. 賃貸借3 
23. 請負,委任 
24. 債務者の責任財産の保全-債権者代位権 
25. 詐害行為取消権 
26. 保証 
27. 債権譲渡1 
28. 債務引受,契約上の地位の移転 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
民法1を履修済みか、並行して履修中であることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
レポート・コメントペーパー等(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野澤正充  セカンドステージ債権法Ⅱ・債権総論(第3版)   日本評論社  2020  978-4-535-52429-3 
2. 野澤正充  セカンドステージ債権法Ⅰ・契約法(第3版)   日本評論社  2020  978-4-535-52428-6 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義レジュメは,授業で配布する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP