シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX033/刑法(2)(法学科2年次)
(Criminal Law (2)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 深町 晋也(FUKAMACHI SHINYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 法学科2年次 
テキスト用コード (Text Code) EX033 



授業の
目標
Course
Objectives
刑法全体についての大まかなものの見方を学びつつ、刑法各論における個別の犯罪成立要件やその背後にある発想などを理解できるようになること。 
In this course the participants learn the outline of the criminal law in general and the types of criminal acts which are defined in the Japanese penal code.  
授業の
内容
Course
Contents
本科目では、刑法全体についての大まかな見取り図を示すとともに、刑法各論における個別の犯罪について、体系的に、かつ具体的に学ぶことができるような授業を行う。例えば、殺人罪といった犯罪一つをとっても、「人」とは何か、堕胎罪で保護されている「胎児」は「人」ではないのか、といった非常に難しい問題が潜んでいる。こういった様々な問題について、判例をベースに検討を加えていく。 
In this course the outline of the criminal law in general will be showed, which is important to understand what kind of conditions must be fulfilled for the punishment. After that the participants will learn various types of criminal acts which are defined in the Japanese penal code.  
授業計画
Course
Schedule
1. 刑法全体の大まかな枠組み(1) 
2. 刑法全体の大まかな枠組み(2) 
3. 刑法全体の大まかな枠組み(3) 
4. 刑法全体の大まかな枠組み(4) 
5. 刑法各論総説・生命に対する罪(1) 
6. 生命に対する罪(2) 
7. 身体に対する罪 
8. 自由に対する罪(1) 
9. 自由に対する罪(2) 
10. 住居に対する罪 
11. 名誉に対する罪 
12. 業務に対する罪 
13. 財産犯総説 
14. 窃盗罪 
15. 強盗罪(1) 
16. 強盗罪(2)(恐喝罪を含む) 
17. 詐欺罪(1) 
18. 詐欺罪(2) 
19. 横領罪 
20. 背任罪 
21. 盗品等関与罪・器物損壊罪 
22. 放火罪を中心とした公共危険罪 
23. 文書偽造罪(1) 
24. 文書偽造罪(2) 
25. 公務執行妨害罪 
26. 司法に対する罪 
27. 収賄罪 
28. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
この授業は、多くの判例・裁判例を扱うため、講義において適宜、予習すべき範囲を指定する。また、復習問題を出すことで、復習すべき範囲・内容についても適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 山口厚  刑法[第3版]   有斐閣  2015年  978-4-641-13908-4 
2. 西田典之ほか  判例刑法各論[第7版]   有斐閣  2018年  978-4-641-13930-5 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西田典之(橋爪隆補訂)  刑法各論 第7版   弘文堂  2018   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
参考文献については、授業において適宜指示することがある。また、受講者の理解度に応じて、あるいは新たな重要判例・裁判例などが出された場合には、随時授業の内容を変更する可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP