シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX041/商法(1)
(Commercial Law (1)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
会社法 
担当者 (Instructor) 高橋 美加(TAKAHASHI MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) AB01(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) AB01(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) EX041 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、わが国の会社法、とりわけ株式会社法の概要、及びその実務における運用等について、理解を深めることを目標とする。 
The purposes of this course are to (1) help students deepen their understanding of Japan's Companies Act and, in particular, (2) to provide an overview of the Stock Corporation Act along with its application in business practice. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義は、会社法、とりわけ株式会社法のうち、株式、機関、設立、計算を対象とする。わが国経済の変動、そしてグローバル化は、会社法関連の領域にも大きな影響を与えてきた。そもそも企業組織をめぐる法的規律について、どのようなシステムがわが国に適合的であるかを考えるにあたっては、現に事業を展開している株式会社の実態をいかに認識するか、あるいはこれに対する法的規律を支える理論をいかに構築するか等、様々な観点からの検討が必要である。
本講義では、株式会社をめぐる関係者の利害得失をしっかりと見極められる目を養ってもらうことを目的として、以上の多面的な検討を授業内で行っていきたいと考えている。

授業はオンライン形式と対面形式を併用する。
①講義用動画を3本~4本、Blackboard上に毎週アップするので、これを毎週必ず視聴し、チェックテスト(週当たり10問)を受ける。チェックテストの結果は成績に含める。授業に関する質問はチェックテスト時に受け付ける。動画とテストはおおよそ講義時間内に完結できる分量となっている。
②毎週月曜日の授業冒頭に30分程度、オンライン双方向形式による質疑応答、演習時間を設ける。状況が許せば学期中に数回、対面による質疑応答、演習時間を設ける。対面授業を実施する場合、感染防止に配慮して受講人数を制限することがあり、また時間帯も補講時間等を利用する可能性がある。詳細は授業開始後、状況を見て決定するが、全ての受講生が出席できる機会があるように配慮する。また対面時に参加できない受講生のための対応も検討する。
③期間中に少なくとも1回、2000字程度のミニレポートを課す。 
This course aims to cover the Companies Act, particularly the Stock Company Act (especially on Equity, Corporate Governance, Dividends and Distributions, and Formation Procedures). Japanese economic fluctuations and globalization have also exerted a significant impact on areas related to the Companies Act. When thinking about what types of systems are compatible with Japan's legal frameworks for corporate organizations, first, they must be evaluated from various perspectives, for instance: "How do you recognize the present situation of corporations that are currently developing businesses?" "How do you construct theories that support the corresponding legal frameworks?" This course focuses on multifaceted examination of the issues described above to develop students' ability to discern accurately gains and losses of relevant persons with respect to corporations.

This lecture will be provided in the combination of face-to- face and distance learning.
(1) Three to four lecture videos will be uploaded to Blackboard each week. Students must watch them and take a check test (10 questions per week). The results of the check test will be included in the grade. Questions about the lecture will be accepted during the check test.The videos and the test can be completed within the lecture time.
(2) There will also be an online interactive QA session at the beginning of each week's class. If the situation allows, there will be several face-to-face QA sessions during the semester. In the case of face-to-face sessions, the number of students may be limited, and the time of the session may be held on a different date from the timetable (to be determined after the start of the course). For students who are unable to participate in face-to-face sessions, other arrangements will be provided.
(3)Students will be required a small writing assignment at least once during the course.

 
授業計画
Course
Schedule
1. 会社法総論 
2. 株式会社法総論 
3. 株式①  
4. 株式② 
5. 株式③  
6. 株式④ 
7. 株式会社の機関①:株主総会① 
8. 株式会社の機関②:株主総会② 
9. 株式会社の機関③:株主総会③ 
10. 株式会社の機関④:取締役・取締役会① 
11. 株式会社の機関⑤:取締役・取締役会② 
12. 株式会社の機関⑥:取締役・取締役会③ 
13. 株式会社の機関⑦:取締役・取締役会④ 
14. 株式会社の機関⑧:取締役・取締役会⑤ 
15. 株式会社の機関⑨:監査・監督機関① 
16. 株式会社の機関⑩:監査・監督機関② 
17. 株式会社の機関⑪:委員会型機関① 
18. 株式会社の機関⑫:委員会型機関② 
19. 株式会社の会計①:計算書類① 
20. 株式会社の会計②:計算書類② 
21. 株式会社の会計③:分配① 
22. 株式会社の会計④:分配② 
23. 株式会社の設立手続① 
24. 株式会社の設立手続② 
25. 株式会社の設立手続③ 
26. 種類株式 
27. 持分会社① 
28. 持分会社② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義動画のアップ前にBlackboardにレジュメをアップするので、それに基づいて教科書等を読んでおくのが望ましい。レジュメの中で演習問題を提示することがある。毎週の質疑・演習時間内に確認するので、準備した上で授業に臨んで欲しい。また、学期中1回のミニレポートは授業時間外課題とする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
チェックテスト(30%) 、ミニレポート(20%)
備考(Notes)
詳細は初回の授業で説明する。質問等、授業への貢献が認められる場合、外付けで加点(10点を上限)することがある。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊藤靖史ほか  会社法〔第4版〕   有斐閣  2018  9784641179356 
2. 髙橋美加ほか  会社法〔第3版〕   弘文堂  2020  9784335358395 
3. 岩原紳作ほか  会社法判例百選〔第3版〕   有斐閣  2016  9784641115309 
その他(Others)
伊藤靖史ほか「会社法」第4版(有斐閣、2018)は2021年の早い時期に改定版の出版が予定されているので、改訂版出版後に新版を購入することを推奨する。
参考文献
Readings
授業初回に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
令和元年改正後会社法を解説する。最新版の六法を準備すること。必要に応じて資料を配付する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP