シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX043/商法(3)
(Commercial Law (3)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
商取引法 
担当者 (Instructor) 高橋 美加(TAKAHASHI MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) 5224(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX043 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、どのような点にわが国の商取引の特徴があり、そこでどのような法律問題が生じているのか等について理解し、考察する力を涵養することを目標とする。 
The purposes of this course are for students to understand (1) where unique features of Japanese commercial transactions lie; (2) what types of legal issues occur; and (3) to cultivate the ability to think. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義で扱われるべき具体的な法文としては、商法に規定された総則規定、商行為規定、そして民法や手形法等に規定された支払・決済手段に関する規定がある。もっとも、現実の商取引ではこれらの規定がそのまま用いられることは必ずしも多くない。そこで本講義では、実際の企業による契約実務、あるいは判例の事例等を素材として、実際に問題となる法律の規定を取り上げ、その解釈も含め、説明を加えていくこととしたい。

1.対面授業ができる場合(レベル2以下の場合)
①オンラインミックス型(リアルタイム配信)で授業を行い、チェックテストを受ける。チェックテストの結果は成績に含める。対面授業内でチェックテストを受けたい場合は、教室にPC・タブレット・スマートフォンのいずれかを持参すること。
②自習用あるいは欠席者対応として講義用動画ファイルをBlackboard上にアップするので、これを利用すること。また動画ファイルの視聴を予習課題として指定する場合がある。
③期間中に数回ミニレポートを課す。

2.対面授業ができない場合(レベル3以上の場合)
従前のシラバス通りとする。


【2021年9月14日変更】
(変更前)
授業はオンライン形式で行われる。
①講義用動画を1本~2本、Blackboard上に毎週アップするので、これを毎週必ず視聴し、チェックテスト(週当たり10問)を受ける。チェックテストの結果は成績に含める。授業に関する質問はチェックテスト時に受け付ける。動画とテストはおおよそ講義時間内に完結できる分量となっている。
②授業冒頭に20分程度、オンライン双方向形式による質疑応答、演習時間を設ける。
③期間中に数回ミニレポートを課す。

 
This course aims to cover specific legal texts including general provisions defined in the Commercial Code and the Companies Act, the commercial transaction regulations defined in the Commercial Code, and the regulations concerning payment and means of settlement defined in the Civil Code and the Bills and Notes Act. Understandably, these regulations are not always directly used in current commercial transactions. Therefore, this course uses contract practices in actual companies or cases from judicial precedents as materials to examine legal regulations that pose actual problems and to provide explanations including interpretations of those issues.

1. If face-to-face lecture is permitted (for Level 2 and below)
① The lecture will be provided by "hybrid style", using zoom from classroom for those who cannot attend. Students must take a check test (10 questions per week). The results of the check test will be included in the grade. If you want to take the test in the classroom, you can bring your own PC, tablet or smartphone to the classroom.
② lecture videos will be uploaded to Blackboard each week for those who cannot attend on time. Those video files are also designated as the scope of preparatory study.
③ Students will be required a small writing assignment at least once during the course.

2. If face-to-face lecture is not permitted (for Level 3 and above)
As in the previous syllabus.



【Changed on September 14, 2021】
(Change before)
This lecture will be provided in the distance learning.
(1) One or two lecture videos will be uploaded to Blackboard each week. Students must watch them and take a check test (10 questions per week). The results of the check test will be included in the grade. Questions about the lecture will be accepted during the check test.The videos and the test can be completed within the lecture time.
(2) There will also be an online interactive QA session at the beginning of each week's class.
(3)Students will be required a small writing assignment at least once during the course. 
授業計画
Course
Schedule
1. 0.はじめに――オリエンテーション 
2. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引①―商人間売買:契約の成立 
3. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引②―商人間売買:契約の履行 
4. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引③―商人間売買:契約不履行時の処理等 
5. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引④―委託販売:代理商等を通じた契約 
6. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引⑤―委託販売:仲立人を通じた契約 
7. 1.商取引の諸類型(1):商流にかかる取引⑥―委託販売:問屋を通じた契約 
8. 2.商取引の諸類型(2):物流にかかる取引①―運送契約 
9. 2.商取引の諸類型(2):物流にかかる取引②―倉庫寄託契約 
10. 2.商取引の諸類型(2):物流にかかる取引③―場屋営業者への寄託 
11. 3.商取引の主体:商人 ①営業 
12. 3.商取引の主体:商人 ②商号 
13. 3.商取引の主体:商人 ③商業登記 
14. 4.商法総論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義動画のアップ前にBlackboardにレジュメをアップするので、それに基づいて教科書等を読んでおくのが望ましい。レジュメの中で演習問題を提示することがある。毎週の質疑・演習時間内に確認するので、準備した上で授業に臨んで欲しい。また、ミニレポートは授業時間外課題とする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
小テスト(30%) 、ミニレポート(20%)
備考(Notes)
質問等の授業内貢献に対して外付けで加点することがある。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 落合誠一ほか  商法Ⅰ――総則・商行為〔第6版〕   有斐閣  2019  978-4-641-15952-5 
2. 神作裕之・藤田友敬編  商法判例百選   有斐閣  2019  978-4-641-11543-9 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業初回に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP