シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX071/行政法1
(Administrative Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
行政法総論 
担当者 (Instructor) 松戸 浩(MATSUDO HIROSHI )  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX071 



授業の
目標
Course
Objectives
行政は、立法、司法と並んで、国家作用の1つであるが、行政法はこの行政に関する法的規律(ルール)を扱う分野である。国家の作用については、憲法が、権力分立と基本的人権の保障を基礎に基本的な事項を定めているが、行政法は、この憲法や「法律による行政の原理」(法治主義)に基づいて、国や地方公共団体などが行う行政活動のあり方について具体的に定めるものである。したがって、憲法(とりわけ憲法訴訟)を理解するためには、行政法の知識が必要不可欠である。また、他方で行政は、租税、労働・社会保障、環境保護、経済規制、知的財産保護などの個別分野にも関わるものであるから、これらにかかわる法分野を学ぶ前提としても、行政法の知識は必要である。その意味で行政法は、いわゆる六法とともに基本的な法分野として位置づけられている(いわゆる七法)。
 この授業は、行政法の入門も含め、「授業の内容」に示された事項につき、行政法の基本的な考え方を理解することを基本的な目標とし、公務員や法曹、さらには企業法務などを目指す学生にとっても、それぞれの目標を達成するための確固とした基礎を形成する。 
Administration is one government function which stands side-by-side with legislation and the administration of justice, but Administrative Law is the area which covers the legal framework (rules) concerning administration. With regard to government functions, the Constitution establishes fundamental matters based on the separation of powers and the guarantee of basic human rights, but Administrative Law specifically establishes the ideal form of administrative activities carried out by the nation and local public organizations based on the Constitution and "legally based administrative principles" (rule of law). Therefore, knowledge of Administrative Law is essential to understand the Constitution (especially constitutional litigation). Moreover, because on the other hand administration is also involved in individual areas such as taxation, labor and social insurance, environmental protection, economic regulation, and the protection of intellectual property, knowledge of Administrative Law is required for legal fields involved in these activities as well. In that sense, Administrative Law is positioned as a fundamental field of law together with the so-called six major legal codes (referred to as the seven major legal codes).
 With regard to the items indicated in the "class content", the fundamental objective of this course, including the introduction to Administrative Law, is to understand the fundamental way of thinking of Administrative Law to form a solid foundation for students aiming to become public servants, judicial officers, and corporate law personnel, etc. to achieve each of their goals. 
授業の
内容
Course
Contents
行政法のうち、この行政法1では、行政法の基本原理と行政活動に対する法的規律の仕組みについて扱う。なお、2021年度春学期開講予定の行政法2は、この行政法1を受けて、違法な行政活動などに対する国民の権利救済について定める行政救済法を扱う。
 具体的には、(1)憲法と行政法との関係や、行政法の基本原理である「法律による行政の原理」など、行政法の基本的な枠組みについて説明する。その上で、(2)行政行為、行政立法、行政指導、行政契約、行政計画、行政強制などの「行政活動の行為形式」とその法的規律について概観する。
 行政法1の分野は、個別の事項(論点・制度など)が他の事項と有機的に関連していることが多いので、講義にあたってもそのような事項相互の関連にも言及する。したがって、受講に当たっても、授業の最初から最後まで聴いてはじめて、最終的に全体がわかるという内容であることに留意して欲しい。 
Within Administrative Law, this Administrative Law 1 course covers the basic principles of Administrative Law and the legal framework for administrative activities. Furthermore, the Administrative Law 2 course scheduled to be held during the spring semester of the 2021 academic year will continue on from Administrative Law 1 and cover the Administrative Remedy Act which establishes remedies for the violations of the people’s rights with regards to illegal administrative activities.
 Specifically, this course will explain (1) the basic framework of Administrative Law including the relationship between the Constitution and Administrative Law and the "principle of administration by law" which is the fundamental principle of Administrative Law. In addition, it will survey (2) administrative acts, administrative legislation, administrative guidance, administrative contracts, administrative planning, administrative compulsion, and other “action types of administrative activities.”
 The field of Administrative Law 1 has many individual matters (arguments, systems, etc.) which organically relate to other matters, so the lectures will also refer to the mutual relationships between such matters. Therefore, please note that when it comes to attending class, the content is such that you will ultimately understand the entire discussion if you listen from the beginning to the end. 
授業計画
Course
Schedule
1. 行政及び行政法① 
2. 行政及び行政法② 
3. 行政及び行政法③・法律による行政の原理① 
4. 法律による行政の原理② 
5. 法律による行政の原理③・法の一般原理 
6. 行政行為① 
7. 行政行為② 
8. 行政行為③ 
9. 行政行為④ 
10. 行政行為⑤・行政裁量① 
11. 行政裁量② 
12. 行政裁量③ 
13. 行政裁量④・行政行為の附款 
14. 行政立法① 
15. 行政立法②・行政契約 
16. 行政指導① 
17. 行政指導②・行政計画① 
18. 行政計画②・行政手続① 
19. 行政手続② 
20. 行政手続③ 
21. 行政手続④・情報公開① 
22. 情報公開② 
23. 情報公開③ 
24. 行政上の義務履行確保① 
25. 行政上の義務履行確保② 
26. 行政上の義務履行確保③ 
27. 即時強制・行政調査 
28. 行政組織 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
憲法・民法などの基礎的科目の理解を確実なものとして授業に臨むこと。
各項目でとりあげる判例の理解が重要となるので、とくに復習をしっかりとおこなうこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 稲葉馨・人見剛・村上裕章・前田雅子  行政法(第4版)   有斐閣  2018  978-4-641-17940-0 
2. 宇賀克也他編  行政判例百選Ⅰ(第7版)   有斐閣  2017  1342-5048 
その他(Others)
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP