シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX072/行政法2
(Administrative Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
行政救済法(行政争訟法・国家補償法) 
担当者 (Instructor) 松戸 浩(MATSUDO HIROSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX072 



授業の
目標
Course
Objectives
行政法1で学んだ行政法総論の知識を前提に,行政活動に対する国民の権利救済(行政争訟・国家補償)について学ぶ。行政訴訟制度、行政不服審査制度、国家賠償制度などの知識は、法曹・法律家にとって必要不可欠であるのみならず、公務員にとっても、とりわけ近年、行政不服審査制度(行政内部での紛争処理)の拡充などもあり、格段に重要性が増している。本講義では、このような状況に鑑み、行政救済法の現状と基礎的な事項について、理解を深めることを目的とする。また憲法で扱う憲法訴訟の深い理解には、行政法2の内容の理解が必須である。 
Based on knowledge of the General Law of Administrative Law learned in Administrative Law 1, this course aims to teach students about the rights of citizens for remedy of administrative activities. Knowledge of the administrative litigation system and other remedial systems is not only indispensable for lawyers but also for public officers. The purpose of this course is to deepen students' understanding of the current situation and basic matters of Administrative Remedial Law. In addition, for students' deep understanding of judicial review within the Constitution, they must understand the contents of Administrative Law 2. 
授業の
内容
Course
Contents
行政法1で学んだように,行政活動は法律による行政の原理の下,法律に基づいて行われなければならない。しかし現実の行政活動においては,行政活動が違法に行われることがあり,その際の国民の権利救済の方途が重要な問題となる。また,それは法律による行政の原理を実効あらしめるためにも必要なことである。この講義では,わが国の行政救済制度を構成する行政訴訟,行政上の不服申立て,国家賠償、(適法行為に起因する損失に関する)損失補償について概観する。行政法は,それぞれの部分が一話読み切り的なものではなく,行政法1・2を通して最初から最後までを勉強して全体が理解できるものである。 
As students learned in Administrative Law 1, administrative activities must be conducted in accordance with the law, based on legal principles of administrative administration. However, in actuality, administrative activities are sometimes performed illegally, so how to remedy people's rights at that time is an important issue. Making the administrative principles of the law effective is also necessary. Thus, this course aims to provide an overview of administrative remedial systems in Japan.  
授業計画
Course
Schedule
1. 序論 
2. 行政訴訟法概説・行政事件訴訟法の訴訟類型 
3. 取消訴訟1 
4. 取消訴訟2 
5. 無効確認訴訟 
6. 不作為の違法確認訴訟 
7. 義務付け訴訟・差止訴訟 
8. 無名抗告訴訟 
9. 当事者訴訟・民衆訴訟 
10. 機関訴訟・訴訟要件ー不服申立前置 
11. 訴訟要件ー被告適格・管轄・出訴期間・教示 
12. 原告適格1 
13. 原告適格2 
14. 執行停止1 
15. 執行停止2 
16. 訴えの審理 
17. 違法性の判断基準時 
18. 判決1 
19. 判決2 
20. 狭義の行政争訟法概説 
21. 行政上の不服申立て1 
22. 行政上の不服申立て2・その他の行政争訟 
23. 国家補償法概説・公権力の行使に基づく損害の賠償責任1 
24. 公権力の行使に基づく損害の賠償責任2 
25. 公権力の行使に基づく損害の賠償責任3 
26. 公の営造物の設置管理の瑕疵に基づく損害の賠償責任1 
27. 公の営造物の設置管理の瑕疵に基づく損害の賠償責任2 
28. 損失補償 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業の前に、授業で取り扱う内容につき下記の教科書の該当部分を読んでおくと授業の理解に資するであろう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 神橋一彦  『行政救済法(第2版)』   信山社  2016  978-4797280357 
2. 宇賀克也・交告尚史・山本隆司編  行政判例百選Ⅱ(第7版)   有斐閣  2017  978-4641115361 
その他(Others)
百選は毎回授業で参照するので持参されたい。
参考文献
Readings
教科書以外の参考文献は適宜授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP