シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX075/金融取引法1
(Law of Financial Transactions 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
債権の担保と法 
担当者 (Instructor) 幡野 弘樹(HATANO HIROKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX075 



授業の
目標
Course
Objectives
金銭債権の履行確保に関する民法の諸制度について、基本的な考え方を理解することを目標とします。 
The aim of this course is to help students acquire an understanding of the basic concepts of the systems about the securement of the fulfillment of monetary claims. 
授業の
内容
Course
Contents
民法第2編「物権」のうち、いわゆる担保物権法(第2編第7-10章)と、債権総論(第3編第1章)のうち多数当事者の債権債務、弁済による代位、相殺の部分について講義を行います。
これらのルールは、おおむね、金銭債権の履行確保手段に関わる制度です。例えば。銀行が企業に事業資金を貸し付けるとき、銀行は自らの貸金債権の回収を確実なものにするためにどのような手段をとりうるか。このような場面に関わるルールを学びます。そして、これらのルールは、私たちの経済生活で不可欠な金融取引に密接に関連しています。
内容は膨大であり技術的な側面も大きい分野ですが、この授業では諸制度の基本的な趣旨・考え方に重点を置いて、それらを十分に理解してもらえるように努めます。 
This course deals with the basic concepts and principles of Law of Securities (Part Ⅱ, Chapter Ⅶ-Ⅹof the Civil Code) and claims and obligations of multiple-parties, subrogation by performance, and set-offs in the general theory of claims (Part III, Chapter I of the Civil Code).
These rules which are to secure the fulfillment of monetary claims are related to financial transactions which are essential for our everyday life.
Because this area involves a massive number of issues, this course will not go into details or highly technical issues, and try to help students achieve full understanding of fundamental principles underlying the laws.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 担保法序説 
2. 抵当権① 
3. 抵当権② 
4. 抵当権③ 
5. 抵当権④ 
6. 抵当権⑤ 
7. 抵当権⑥ 
8. 留置権・先取特権・質権 
9. 譲渡担保① 
10. 譲渡担保②・仮登記担保・所有権留保 
11. 保証① 
12. 保証②・弁済による代位 
13. 連帯債務・相殺① 
14. 相殺② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
復習を重視します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
レポート2回(50%)
備考(Notes)
2021年8月24日付変更【変更前の記載内容】
筆記試験100%
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 水津太郎他  判例30!2 物権   有斐閣  2017  978-4-641-13785-1 
2. 角紀代恵  はじめての担保物権法[第2版]   有斐閣  2021  978-4-641-13854-4 
その他(Others)
授業では,六法及び判例教材を手元に用意してください。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
民法1,2,3の内容はおおむね理解していることを前提に講義を進めます。そのつもりで準備をしておいてください。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP