シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX080/労働法
(Labor Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 島村 暁代(SHIMAMURA AKIYO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) オンライン
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX080 



授業の
目標
Course
Objectives
わが国の労働法の体系を理解し、基礎的な知識を習得するとともに、日本の雇用社会の現在と将来について考えるきっかけを与えることである。 
The objectives of this course are to understand the structure of Labor Law and learn the basic
knowledge as well as to give a chance to think of your own opinion about the current and the future of the employment society in Japan.  
授業の
内容
Course
Contents
労働法とは「労働」を規律する法の総称である。その分類にはいくつかの方法があるが、契約関係に着目すると、ひとりひとりの労働者と使用者との関係を規律する「個別的労働関係法」と、労働者の集団(労働組合)と使用者との関係を規律する「集団的労使関係法」との2つに大別される。本講義では、まず労働法の体系や法源に関する概要を説明した上で労働の現場で直面するであろう問題を切り口に個別的労働関係法を解説する。その後、集団的労使関係法を扱う。必要に応じて、契約関係の外側にある労働市場の入口・出口に関する規制や紛争解決の実効性確保のための仕組みについても取り上げる。  
Labor Law is the generic name for the laws which regulate "labor." There are several ways to classify labor laws, but they can be largely divided into two groups. Focusing on contractual relationships, there are the "Acts Pertaining to Individual Labor Relations", which regulate the relationship between individual laborers and the employer, and the "Acts Pertaining to Collective Labor Relations", which regulate the relationship between a group of laborers (labor union) and the employer. The lectures will first explain the structure of Labor Law and the legal source of the grand design before going on to describe the Acts Pertaining to Individual Labor Relations on problems which are likely to be directly confronted in the workplace. After that, we will explain the Acts Pertaining to Collective Labor Relations. While combining these two pillars, this course will cover the regulations concerning the entrances and exits of the labor market which exist outside of contractual relationships and the mechanisms for ensuring the effectiveness of dispute resolutions. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 労働契約と労働法の法源 
3. 労働法における当事者(労基法) 
4. 労働法における当事者(労組法) 
5. 労働契約上の権利義務 
6. 労働憲章・雇用平等 
7. 雇用関係の成立(募集、内定) 
8. 雇用関係の成立(採用、試用) 
9. 雇用関係の存続(昇進・昇格、降格) 
10. 雇用関係の存続(配転、出向、転籍、休職) 
11. 雇用関係の終了(解雇) 
12. 雇用関係の終了(辞職、合意解約等) 
13. 非正規労働者の問題(有期) 
14. 非正規労働者の問題(パート・派遣等) 
15. 労働者の安全・健康の確保 
16. 賃金(賃金請求権) 
17. 賃金(賃金に対する法規制,賞与,退職金等) 
18. 労働時間(労働時間,休憩,休日に関する原則) 
19. 労働時間(原則以外の仕組み) 
20. 休暇(年休) 
21. 休暇・休業(産休・育休・介休等) 
22. 労働条件の変更(就業規則の変更) 
23. 労働条件の変更(労働協約の変更) 
24. 労働組合・団体交渉 
25. 労働協約・団体行動 
26. 不当労働行為 
27. 労働紛争処理システム 
28. 企業組織の変動等 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・六法等,法令集を持参すること(『労働関係法規集』(労働政策研究・研修機構)も有益である)。
・民法の基礎的知識があることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
小テスト(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 水町勇一郎  『労働法(第8版)』   有斐閣  2020   
2. 森戸英幸  『プレップ労働法(第6版)』   弘文堂  2019   
その他(Others)
講義中に指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 村中孝史・荒木尚志編  『労働法判例百選(第9版)』   有斐閣   2016    
その他(Others)
講義中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP