シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX111/経済法1
(Economic Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 早川 雄一郎(HAYAKAWA YUICHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX111 



授業の
目標
Course
Objectives
独占禁止法の仕組みを理解するとともに、独占禁止法の学習を通じて、法的思考力と経済に関する理解を涵養することを目標とする。 
The objective of this course is to understand the structure of the Antimonopoly Act while cultivating the legal ability to think critically and an understanding of economics through studying the Antimonopoly Act. 
授業の
内容
Course
Contents
独占禁止法の規制のうち、市場支配力の形成・維持・強化が問題となる類型を中心に解説する。
独占禁止法の目的、基礎概念について説明したのち、企業結合規制、不当な取引制限の規制、私的独占の規制、事業者団体の規制の順に、解説する。
なお、独占禁止法は、民法(特に契約法)や会社法、行政法など他の実定法科目の知識を前提知識としているので、並行して学習することが望ましい。 
The classes will explain the Antimonopoly Act regulations with a focus on patterns of market power creation, maintenance, and strengthening which become problematic.
After explaining the purpose and basic concept of the Antimonopoly Act, we will cover cartel regulations, regulations concerning restrictions on unfair transactions, private monopoly regulations, and trade association regulations in that order.
It is desirable to study other legal fields such as civil law, corporate law, and administrative law in pararell, since the Antimonopoly Act is based on knowledge of them. 
授業計画
Course
Schedule
1. 序論(1)独占禁止法の全体像 
2. 序論(2)独占禁止法の規定の構造、目的 
3. 序論(3)独占禁止法の基礎概念
企業結合規制(1)企業結合規制の概要 
4. 企業結合規制(2)一般集中の規制、結合関係の認定、一定の取引分野の画定① 
5. 企業結合規制(3)一定の取引分野の画定②、競争の実質的制限①意義 
6. 企業結合規制(4)競争の実質的制限②水平型企業結合 
7. 企業結合規制(5)競争の実質的制限③垂直型・混合型企業結合、問題解消措置 
8. 企業結合規制(6)事前届出制度,、デジタルプラットフォームと企業結合
不当な取引制限の規制(1)規制の概要 
9. 不当な取引制限の規制(2)行為要件 
10. 不当な取引制限の規制(3)反競争効果要件 
11. 不当な取引制限の規制(4)エンフォースメント
私的独占規制(1)規制の概要、排除型私的独占① 
12. 私的独占規制(2)排除型私的独占②、支配型私的独占、反競争効果要件 
13. 事業者団体の規制 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で取り上げる箇所に対応する教科書や参考書の該当箇所を読んで予習・復習すること。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 土田和博・栗田誠・東條吉純・武田邦宣  条文から学ぶ独占禁止法(第2版)   有斐閣  2019  9784641243149 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 川濵昇・瀬領真悟・泉水文雄・和久井理子  ベーシック経済法(第5版)   有斐閣  2020  9784641221412 
2. 金井貴嗣ほか編  経済法判例・審決百選(第2版)   有斐閣  2017  9784641115347 
3. 井田良ほか  法を学ぶ人のための文章作法(第2版)   有斐閣  2019  9784641126121 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP