シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX121/英米法1
(Anglo American Law 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 秋元 奈穂子(AKIMOTO NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX121 



授業の
目標
Course
Objectives
アメリカの法制度とその背景にある社会・文化についての基礎的な理解を身につける。 
This course aims at acquiring basic understanding of American legal system together with its societal and cultural background. 
授業の
内容
Course
Contents
冒頭では、アメリカの統治機構-連邦議会、大統領制及び司法制度について学び、連邦政府と州との双方が主権を有する連邦制度(Federalism)の特性を理解する。その後、具体的な法の実現過程につき学ぶ。製造物責任法の発展を素材に判例法主義とは何かを理解したのち、民・刑事の訴訟手続の特徴を理解する。最後に、権利章典(Bill of Rights)による人権保障のうち、平等保護条項及び実体的デュープロセスを取り上げる。各回では歴史的及び現代アメリカにおける代表的な判例・事例を取り上げ、そこにあらわれているアメリカ法の特徴やダイナミックさを具体的に感じ理解することを目指す。学生には事前に判例・事例に目を通し、授業に積極的に参加することを期待する。なお、アメリカは所謂「法廷もの」「法律もの」映画の宝庫である。授業で扱う各トピックをテーマとした映画を適宜紹介していきたい。 
This course will start with learning American governing system - legislative branch, President and judicial branch- and students will understand the Federalism where the federal government as well as state governments hold sovereignty. Then it will go on to discuss the process of realization of law. Specifically, students will learn common law system through the analysis of the development of products liability law and also learn the unique features of American civil and criminal procedure. In the last part, the classes will focus on two kinds of human rights protection, equal protection and substantive due process under the Bill of Rights.
In each class, the lecturer will pick up representative judgements and aim at delivering vivid image and of the features and dynamism of American law. Thus, students are expected to read assigned cases in advance and to participate in classes actively.
Lastly, America is a treasure house of good legal movies. The lecturer plans to give a brief introduction of movies related to the issues of the class. 
授業計画
Course
Schedule
1. 英米法とは何か・なぜ英米法を学ぶのか
英米法の特徴 
2. アメリカの法曹と法学教育 
3. 連邦議会と州の権限(1) 
4. 連邦議会と州の権限(2) 
5. 大統領制と大統領の権限 
6. 司法制度(1)
連邦の裁判所と州の裁判所 
7. 司法制度(2)
違憲立法審査権、合衆国最高裁判所 
8. 判例法主義
製造物責任法の発展を題材に 
9. 民事訴訟手続 
10. 私人による法の実現 
11. 刑事訴訟と陪審制 
12. 権利章典と人権保障(1) 人権保障の基本構造 平等保護条項 
13. 権利章典と人権保障(2)
実体的デュープロセス- 同姓婚判決に至るまで  
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回、前週までの復習を行うとともに、指定された教材(判例百選の該当判例又は教員が指定する文献)に目を通すこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 樋口範雄他編  『アメリカ法判例百選』   有斐閣  2012  978-4-641-11513-2 
その他(Others)
その他、指定する教材のプリントを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 樋口範雄  『アメリカ憲法』   弘文堂  2011  978-4-335-30375-3 
2. 田中英夫  『英米法総論(上)(下)』   東京大学出版会  1980  (413035051X, 4130350528 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP