シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX122/英米法2
(Anglo American Law 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 秋元 奈穂子(AKIMOTO NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5123(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX122 



授業の
目標
Course
Objectives
アメリカにおける法のうち、契約法と不法行為法の原理・ルールを判例及び具体的な契約条項を通じて理解する。契約法及び不法行為法は州判例法の最も重要な二領域であり、それぞれの学習はアメリカの法制度と社会との深い理解にも結びつくとともに、日本法との比較を通じて日本法の理解にも資するはずである。 
This course aims at students’ understanding of basic principles and rules of contracts and torts through the analysis of cases and actual contractual provisions. Contracts and torts are the most important areas of law in state common laws and to learn them will lead deep understanding of legal system and society in the US as well as understanding of Japanese law through comparative analysis. 
授業の
内容
Course
Contents
授業前半では契約法を扱う。代表的判例と共にアメリカの実際の契約書の条項を見ながら、アメリカ契約法の基本的な原理とルールを学ぶ。実体的な法としての契約法と、私人間の法形成である個別の契約とは異なるものであり、個別の契約条項の背後にはいかなる契約法の規律があり、かかる規律から当事者の意思でどこまで離れることができるのかについて考える。授業後半では不法行為法を扱い、代表的判決について議論しながら、不法行為法の原則及び特徴を学ぶ。とりわけ、日本法との比較の観点からの議論を行うことで、アメリカ不法行為法の特徴を浮かび上がらせることを狙いとする。 
The first half of the course will focus on contracts. Students will learn the basic principles and rules of contracts through the analysis of representative cases and actual contractual provisions. We will consider the difference between “contract law” which is a substantive law and individual “contract” which is a lawmaking of private parties and how and when parties may depart from the default rule of “contract law” in their own “contract.”
The latter half of the course will focus on torts. The course will have discussions on the representative cases and students will learn the basic principles and features of torts. The lecturer plans to have comparative analysis between Japanese law in order to illuminate the feature of tort law in the US.
 
授業計画
Course
Schedule
1. (1) はじめに 判例法主義 法源など
(2) 契約法と具体的な契約の違い、契約交渉
What’s the difference between Contract Law and Drafting Contract? Contract negotiation 
2. 契約法(1)
申込と承諾 Offer and Acceptance
約因 Consideration 
3. 強制可能性 Enforceability, 非良心性 Unconscionability, 分離条項 Severability clause 口頭証拠排除原則と完結条項(完全合意条項)Parol Evidence Rule- Merger Clause  
4. 契約法(3) 契約書の形式-タイトル、前文、リサイタル、定義条項
Description of the instrument, Caption, Recitals, Transition, Definitions 義務、条件 Obligations, Conditions 
5. 契約法(4)
保証(条項)と免責条項 Warranties and disclaimer  
6. 契約法(5)
履行 Performance
危険負担(条項) Risk of Loss Clause
天変地異と不可抗力条項 Extraordinary circumstances and Act of Gods Clause (Force Majeure Clause) 
7. 契約法(6)
契約違反と損害賠償 Breach of Contract and Damages 8.
準拠法、裁判管轄、仲裁条項 Choice of Law, Choice of Forum, Arbitration Clause Contracts まとめ 
8. 不法行為法(1)
過失責任主義 Fault Principle-子供と心神喪失者の不法行為
過失不法行為と過失 
9. 不法行為法(2)
事実的因果関係・法的因果関係 But-for Cause, Proximate Cause 
10. 不法行為法(3)
抗弁 Defense
損害賠償 Damages 
11. 不法行為法(4)
医療過誤訴訟と不法行為改革 Medical Malpractice Litigation and Tort Reform  
12. 不法行為法(5)
製造物責任 Products Liability  
13. 不法行為法(6)名誉棄損・プライヴァシー侵害 
14. 不法行為法(7)
故意不法行為 Intentional Torts 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回、前回までの授業の復習と共に、指定された文献(判例百選の判例、教科書の該当ページ、又はその他教員が指定する文献)に目を通して授業にのぞむこと。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小テスト4回(20%×4)(80%) 、リアクションペーパー2回(10%×2)(20%)
備考(Notes)
2021年8月25日付変更【変更前の記載内容】
筆記試験60%平常点40%(小テスト(選択式問題・資料参照可)4回(各10%))
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 樋口範雄  『アメリカ契約法第二版』   弘文堂  2008  978-4335301100 
2. 樋口範雄  『アメリカ不法行為法第二版』   弘文堂  2014  978-4335303777 
3. 樋口範雄ほか編  『英米法判例百選』   弘文堂  2012  978-4641115132 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP