シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX151/国際私法(2)
(Conflict of Laws (2)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 早川 吉尚(HAYAKAWA YOSHIHISA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) D401(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX151 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル化が進展する現代における私人・私企業間の国際的な法の適用関係の各論の基本構造を修得させる。 
The purpose of this course is for students to learn the basic structure of particular issues of how international laws are applied to private individuals and companies in this era of advancing globalization. 
授業の
内容
Course
Contents
日本人と外国人が婚姻する場合,何法に従えばよいのでしょうか。日本企業と外国企業が契約を締結する場合,何法に従えばよいのでしょうか。
国際私法とは,各国ごとに法制度が異なるという現在の国際社会の状況の下,このような国際的な法律関係をいかなる法(準拠法)で規律するかを定める法であり,抵触法とも呼ばれるものです。国際化がますます進展する現代において,その重要性は拡大の一途をたどっています。
講義では,我が国の国際私法の各論の基本構造をできる限り丁寧に説明することで,ときに難解ともいわれるこの法をわかりやすく解説することを心掛けます。 
When a Japanese person and a foreigner marry, what law should be observed? When a Japanese company and a foreign company sign a contract, what law should be observed?
In our current international society where each country has a different legal system, international private law, also called Conflict of Laws, establishes which system of law (governing law) should regulate such international legal relationships. The importance of this area of law continues to expand as internationalization advances.
This course aims to make every effort to explain this often confusing area of law in an easy-to-understand manner by carefully describing, to the extent possible, the basic structure of particular issues of Japan's Conflict of Laws. 
授業計画
Course
Schedule
1. 各則の基本構造 
2. 主体の準拠法① 
3. 主体の準拠法② 
4. 主体間の関係の準拠法① 
5. 主体間の関係の準拠法② 
6. 主体間の関係の準拠法③ 
7. 主体間の関係の準拠法④ 
8. 主体間の関係の準拠法⑤ 
9. 主体間の関係の準拠法⑥ 
10. 主体間の関係の準拠法⑦ 
11. 主体間の関係の準拠法⑧ 
12. 客体との関係の準拠法① 
13. 客体との関係の準拠法② 
14. 総 括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義内容に関する個別の質問に関しては,電子メールによって出来る限りお答えしたいと思っています。haya@rikkyo.ac.jpまでお気軽に送信して下さい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 神前禎・早川吉尚・元永和彦  国際私法(有斐閣アルマ)   有斐閣  2019  978-4-641-22131-4 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP