シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX201/現代政治理論
(Modern Political Theories) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 川崎 修(KAWASAKI OSAMU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) オンライン
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX201 



授業の
目標
Course
Objectives
政治認識の枠組みを学び,政治的な価値や理念を理解する。 
The objectives of this course are to learn a framework for political awareness and to understand political values and principles. 
授業の
内容
Course
Contents
現代政治理論の主要なトピックについての,基本的な理論,理論家,論争などの知識を習得する。
 基本的には,指定した教科書を軸にして,講義を行う。その際には,授業出席者が教科書の該当部分をあらかじめ読んでいることが望ましい。授業では必要だと思われる部分について,教科書を補足したり,詳しく説明するという形で講義を行うが,項目によっては教科書から離れることもある。
 なお,この講義で扱うのは規範理論にややシフトした政治理論であり,政治についての実証的研究に関する重要テーマについては,「政治過程論」が主として担当している。 
In this course, students will acquire knowledge about fundamental theories, theoreticians, and disputes concerning the primary topics in Modern Political Theories.
 Fundamentally, the lectures will revolve around the assigned textbook. In this regard, students attending class are advised to read the corresponding section in the textbook in advance. Supplementary explanations will be provided in class for sections of the textbook which are thought to require it with lectures providing detailed explanations, but the lecture may deviate from the textbook depending on the topic.
 Furthermore, the political theory covered in the lectures is slightly skewed toward normative theory, and the "theory of political process" plays the primary role in important topics concerning empirical research about politics. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション  
2. 権力(1) 
3. 権力(2) 
4. 権力(3) 
5. 権力(4) 
6. デモクラシー(1) 
7. デモクラシー(2) 
8. デモクラシー(3) 
9. デモクラシー(4) 
10. デモクラシー(5) 
11. リベラリズム(1) 
12. リベラリズム(2) 
13. リベラリズム(3) 
14. リベラリズム(4) 
15. 自由(1) 
16. 自由(2) 
17. 平等(1) 
18. 平等(2) 
19. 平等(3) 
20. 公共性(1) 
21. 公共性(2) 
22. 公共性(3) 
23. 政治(1) 
24. 政治(2) 
25. 政治(3) 
26. ナショナリズム(1) 
27. ナショナリズム(2) 
28. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業出席者は教科書の該当部分をあらかじめ読んでいることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 川崎修・杉田敦編  『現代政治理論 新版』   有斐閣  2012  978-4-641-12454-7 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 今村仁司・三島憲一・川崎修編  『岩波 社会思想事典』   岩波書店  2008  978-4000803120 
2. 佐々木毅  『政治学講義 第二版』   東京大学出版会  2012  978-4130322225 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP