シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX220/アジア政治論
(Asian Politics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
第一部 アジア政治の基礎概念
第二部 中国の台頭
第三部 中国とどう付き合うか(香港の事例を中心に) 
担当者 (Instructor) 倉田 徹(KURATA TORU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester)     オンデマンド
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX220 



授業の
目標
Course
Objectives
アジア政治の基本的な概念を踏まえて,中国の台頭を冷静に理解し,それへの対応について考えること。 
The objectives of this course are to understand the rise of China in a dispassionate manner and think about how to respond based on the fundamental concepts of Asian politics. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義では,まずアジア政治を理解するための概念について,政治学的な角度から説明し,続いて中国の台頭という現象を分析します。そして,それに対する周辺の反応の事例研究を行います。事例としては,中国の台頭を最前線で受け止めている,香港を中心に扱います。
アジアは多様性を含む地域であり、各国の政治体制・経済状況・文化や価値観も大いに異なっています。各国間の相互関係も複雑さを含んでいます。その状況を冷静に読み解くには、政治学の知識が必要です。第一部では、アジア全体を理解するための政治学的な理論を検討します。
中国の台頭は,現在アジア政治の最大の関心事と言っても過言ではないでしょう。日本でも,中国の反日感情や,安全保障上の脅威が大いに懸念され,中国に対する感情的な反発も強まっていますが,他方で対中経済関係は大いに発展し,日本にとっての中国の重要性は増大しています。中国を正しく理解するため、アジア政治の理論を応用して考えるのが第二部の内容です。
このような矛盾する状況のなかで,日本は中国とどうつきあうかを考えなければなりません。この問題に答えるためには,日本や中国を含むアジアの政治がどのような特徴を持っているのかを,正確に理解することが必要となります。また,この問題は,日本だけでなく,中国の周辺に位置するアジア諸国にとって共通の問題となっています。中国の周辺諸国が中国の台頭にどう応じているかを考えることは,日本にとっても大いに参考となるでしょう。第三部では、香港を事例としてこれを考えます。 
The lectures will first start with an explanation from a political science angle of the concepts needed to understand Asian politics and continue by analyzing the phenomenon which is the rise of China. Next, we will conduct case studies of the peripheral responses to that phenomenon. The case studies will center on Hong Kong which stands at the forefront of the rise of China.
Asia is a diverse region, and each country has a significantly different political system, economic situation, culture, and values. The relationships between each of the countries are also complicated. Knowledge of Political Science is needed to calmly decipher that situation. During the first section, we will examine Political Science theories to understand Asia as a whole.
It is no exaggeration to say that the rise of China is currently the greatest matter of concern within Asian politics. In Japan, there are significant concerns regarding anti-Japanese sentiment in China and threats to national security. An emotional backlash against China is strengthening, but on the other hand the economic relationship with China is significantly expanding, and the importance of China to Japan is increasing. The second section will focus on applying and thinking about theories of Asian politics in order to properly understand China.
In this contradictory situation, Japan must think about how to get along with China. To answer this question, it is necessary to accurately understand the characteristics of politics in Asia including Japan and China. Moreover, this problem not only affects Japan but is common to various Asian countries which are located around China. Thinking about the way in which the surrounding countries are responding to the rise of China will likely prove useful for Japan as well. The third section will examine a case study about Hong Kong. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. アジアとは何か 
3. 第一部 アジア政治の基礎概念
植民地化とナショナリズム① 
4. 植民地化とナショナリズム② 
5. 近代化と経済発展① 
6. 近代化と経済発展② 
7. 民主化① 
8. 民主化② 
9. 冷戦① 
10. 冷戦② 
11. 第二部 中国の台頭
帝国から国民国家へ① 
12. 帝国から国民国家へ② 
13. 中国の経済発展① 
14. 中国の経済発展② 
15. 中国は民主化するか① 
16. 中国は民主化するか② 
17. 中国を取り巻く国際関係① 
18. 中国を取り巻く国際関係② 
19. 第三部 中国とどう付き合うか(香港の事例)
香港「一国二制度」の仕組み① 
20. 香港「一国二制度」の仕組み② 
21. 中国人か、香港人か① 
22. 中国人か、香港人か② 
23. 中国との経済融合① 
24. 中国との経済融合② 
25. 民主化をめぐる論争① 
26. 民主化をめぐる論争② 
27. 香港の二つの歴史問題① 
28. 香港の二つの歴史問題② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
中国を中心としたアジアの政治情勢についての報道に常に注目しておくこと。報道から得た情報をもとにした小レポートを3回課す(関心のある新聞記事を見つけ、その内容を要約した上で、自身の分析を書く形式のレポート)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
小レポート(3回)(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 岩崎育夫  『アジア政治とは何か - 開発・民主化・民主主義再考』   中公叢書  2009  978-4120040863 
2. 片山 裕 (編集), 大西 裕 (編集)   『アジアの政治経済・入門』   有斐閣  2010  978-4641183865 
3. 倉田 徹・倉田 明子編  香港危機の深層   東京外国語大学出版会  2019  978-4904575796 
4. 倉田 徹・張 彧暋  香港:中国と向き合う自由都市   岩波新書  2015  978-4004315780 
5. 東大社研現代中国研究拠点編  コロナ以後の東アジア: 変動の力学   東京大学出版会  2020  978-4130333009 
6. 川島真・小嶋華津子編  よくわかる現代中国政治   ミネルヴァ書房  2020  978-4623086719 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
2021年度春学期の月曜日の授業日、1時限目の開始時刻までに、Blackboardに教材を掲載します。
初回は4月12日です。学年暦に従って、月曜日が休講日の場合は、その週は教材を掲載せず、授業日の場合は祝日でも教材を掲載します。
教材は2週間後に順次削除しますので、計画的に受講して下さい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP