シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX231/日本政治思想史(1)
(History of Japanese Political Thought (1)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
近世から近代の日本政治思想通史
(Overview of Early Modern and Modern Japanese Political Thought) 
担当者 (Instructor) 松田 宏一郎(MATSUDA KOICHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX231 



授業の
目標
Course
Objectives
近世から近代までの日本政治思想について通史的な知識を獲得し、現代の政治的課題について考察することができるようになる。 
The purpose of this course is to understand fundamental facts about political thinkers and their social backgrounds. Students obtain an overview of early modern and modern Japanese intellectual history and explore its relevance to contemporary political issues. 
授業の
内容
Course
Contents
17世紀から20世紀にかけての日本政治思想の流れを概観し、儒学、国学、近代の西洋思想の受容を中心に、主要な思想家の著作と社会的背景について学ぶ。 
The purpose of this course is to introduce Japanese political thought, specifically, schools of thought from the 17th to the 19th century, including Confucianism, Kokugaku (National Learning), and modern schools under Western influence. The course should be of significance to those interested in Japanese philosophy and political culture. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業の目標と概説、主要参考文献の紹介 
2. 戦国から政治体制の安定へ 
3. 思想としての兵学 
4. 儒学の道徳論と権力との関係 
5. 統治の理念と実態 
6. 民衆の生活と経済 
7. 近世の対外意識 
8. 自国優越主義の萌芽 
9. 西洋の衝撃 
10. 法・権利・平等 
11. 政治参加と立憲制度 
12. 貧困と衛生 
13. 近世・近代におけるジェンダー問題 
14. 思想史学の現代的意義について 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義で用いる史料・資料を講義の前に立教時間にアップロードし、「お知らせ」を通じて告知するので、立教時間からの連絡に注意し、各自ノートパソコン、タブレットなどに取り込んで目を通しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
中間レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 渡辺浩   日本政治思想史 十七~十九世紀   東京大学出版会   2010   
その他(Others)
渡辺浩『日本政治思想史 十七~十九世紀』は、授業内容を深く理解するために読んでおくことを勧める。講義のそれぞれのテーマに役立つ参考文献は立教時間で必要箇所を配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP