シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX232/日本政治思想史(2)
(History of Japanese Political Thought (2)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
18世紀から20世紀の政治思想における注目すべき論点を学ぶ
(Key Issues in Japanese Political Thought: from the 18th to the 20th Century) 
担当者 (Instructor) 松田 宏一郎(MATSUDA KOICHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX232 



授業の
目標
Course
Objectives
第一に、近世および近代日本の知識人による思想的論争の具体的な内容を知ること。第二に、政治哲学および思想家研究のためのより一般的な研究手法を学ぶこと。 
This course aims: (1) to present specific knowledge about important issues debated among intellectuals in early modern and modern Japan and (2) to develop more general skills in the discipline of political philosophy and intellectual history. 
授業の
内容
Course
Contents
政治と道徳、政治と宗教、社会階層と経済システム、ジェンダー、ナショナリズム、政治参加と動員についての思想家によるさまざまな議論を分析し、その政治的背景、知的環境について学ぶ。また現代政治の諸問題を考察するために、過去の思想の研究がどのように役立つのかを考える。 
This course aims to cover the following issues through a wide range of arguments by policial thinkers: Politics and Ethics, Politics and Religion, Social Class and Economy, Gender, Nationalism, Political Participation and Mobilization. Additionally, the course examines the significance of past political philosophies in the study of contemporary political issues.  
授業計画
Course
Schedule
1. 講義の概要と目的 参考文献の紹介 
2. 近世における政治と道徳 儒学と武士 
3. 近代における政治と道徳 官僚と知識人 
4. 近世の自国意識と対外意識 中国・朝鮮・西洋についての理解・共感・偏見 
5. 近世の自国意識と対外意識 中国・朝鮮・西洋についての理解・共感・偏見 
6. 近世のジェンダー 性別役割および家族についての慣習と法 
7. 近代のジェンダー 性別役割および家族をめぐる法 
8. 近世における政治と宗教 管理された宗教的多元主義 
9. 近世における政治と宗教 良心および信仰の自由と権力 
10. 近世における政治的協力と権力への異議申し立て 
11. 近代における立憲思想、人権思想と民意の表出 
12. 近世における身分制・社会階層と経済 市場、経済統制、権力の介入、都市と農村 
13. 近代における身分制・社会階層と経済 国際化、情報伝達、競争、貧困 
14. 講義のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義で用いる資料を講義の前に立教時間にアップロードしておくので、各自ノートパソコン、タブレットなどに取り込んで目を通しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
中間レポート(30%)
テキスト
Textbooks
読むべき文献は立教時間を通じて指示、配布する
参考文献
Readings
読むべき文献は立教時間を通じて指示、配布する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP