シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX233/欧州政治思想史
(History of European Political Thought) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 安藤 裕介(ANDO YUSUKE) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2800 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX233 



授業の
目標
Course
Objectives
1)「政治」という人間固有の営みをめぐる根源的思索と西洋世界におけるその歴史的蓄積に慣れ親しむ。
2)政治思想の古典(テクスト)とその歴史的文脈(コンテクスト)との関係を学ぶ。
3)「デモクラシー」「自由」「平等」「公共性」など、現代政治を考えるうえで不可欠な鍵概念の来歴と含蓄を知る。 
1) To fundamentally contemplate the human-specific activity which is "politics" and to become familiar with its historical aggregation in the Western world.
2) To study the classic texts of political thought and their relationship with that historical context.
3) To understand the genesis and significance of key concepts such as "democracy", "liberty", "equality", and "public sphere" when thinking about modern politics. 
授業の
内容
Course
Contents
この講義では、「政治」をめぐる根源的思索がいかに人間の歴史のなかで積み重ねられ、現代でも読み継がれる「古典」として結晶化してきたのかを学ぶ。もちろん、それぞれの古典(テクスト)には、それが書かれた独自の歴史的文脈(コンテクスト)があり、そうした歴史の文脈なしに古典を評価することはできない。しかし同時に、古典というものは、単に「過去の遺物」として時代とともに色褪せてしまうわけでもない。そのため政治思想史を学ぶには、歴史的かつ理論的な両面のアプローチが必要となる。講義の前半部では、古代ギリシアのポリス(都市国家)の営みから主権国家の成立までを、後半部では、社会契約論や啓蒙思想の展開から20世紀の政治理論までを扱う。 
In these lectures, students will learn how fundamental contemplation about "politics" built up within human history and became crystallized in the "classic texts" which are still read today. Of course, each of the classic texts incorporates the unique historical context in which it was written, and the texts cannot be evaluated without that historical context. However, at the same time the classic texts are not simply "relics of the past" which fade away over time. Therefore, historical and philosophical approaches are both required to study the history of political thought. The first half of the lectures will cover the activities of the ancient Greek polis (city states) up to the establishment of the sovereign state, and the second half will cover the development of the theory of the social contract and the philosophy of Enlightenment up to 20th century political theory. 
授業計画
Course
Schedule
1. 政治思想史とは何か 
2. 古代ギリシアの世界 
3. プラトン 
4. アリストテレス 
5. ヘレニズム時代 
6. 共和政ローマ 
7. 帝政ローマ 
8. キリスト教世界の勃興 
9. アウグスティヌス 
10. トマス・アクィナス 
11. 中世社会の黄昏 
12. マキャヴェリ 
13. トマス・モア 
14. ルターとカルヴァン 
15. ボダンと主権国家 
16. ホッブズ 
17. ロック 
18. モンテスキューとフランス啓蒙 
19. ルソー 
20. スコットランド啓蒙 
21. アメリカ独立とフェデラリスト 
22. フランス革命とバーク 
23. ヘーゲル 
24. ベンサム 
25. J・S・ミル 
26. トクヴィル 
27. 社会主義とマルクス 
28. 現代の政治思想 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習)各回の講義に合わせて教科書の該当箇所を読んでおくこと。

復習)講義レジュメとノートをしっかりと見直し、もう一度教科書の該当箇所を読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
毎回の課題提出(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 宇野重規  『西洋政治思想史』   有斐閣  2013年  4641220018 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野口雅弘・山本圭・髙山裕二編  『よくわかる政治思想』   ミネルヴァ書房  2021年   
2. 杉田敦・川崎修編  『西洋政治思想資料集』   法政大学出版局  2014年   
3. 小野紀明・川崎修ほか編  『岩波講座 政治哲学』(全6巻)   岩波書店  2014年   
4. 川出良枝・山岡龍一  『西洋政治思想史―視座と論点』   岩波書店  2012年   
その他(Others)
これらに加えて各回の講義中にも参考文献を紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
オンライン授業として実施するので、教材ファイルや課題については「立教時間」を定期的に確認すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP