シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX263/行政学2
(Public Administration 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 原田 久(HARADA HISASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others) オンデマンド
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX263 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では,受講生が興味深い行政現象を記述し分析する能力を身につけることを目標とする。 
The objective of this class is to have the students develop the ability to describe and analyze interesting administrative phenomena. 
授業の
内容
Course
Contents
行政学は,「有権者」としての視点(制度論),「納税者」としての視点(管理論),及び「消費者」としての視点(政策論)という3つの視点から行政現象に複眼的にアプローチする学問である。このうち行政学2では,上記アプローチに対応した3つのパートのうち,管理論の一部及び政策論を取り上げる。各パートでは,行政現象についての興味深いパズルを設定した後(1週目),これを分析する(2週目)。
 なお,あわせて行政学1を修得してほしい。また,受講にあたっては,過去の授業評価アンケート結果を参考にすること(http://www2.rikkyo.ac.jp/web/haradahi/)。 
Public Administration is an academic discipline which uses a multifaceted approach to administrative phenomena from the perspectives of the "voter" (institution theory), "taxpayer" (management theory), and "consumers" (policy theory). Public Administration 2 will cover part of management theory and policy theory from the three perspectives in the approach described above. In each part, an interesting puzzle concerning an administrative phenomena will be configured (week one) and then analyzed (week two).
 Furthermore, please note that students are asked to take Public Administration 1 in combination with this course. In addition, students are asked to refer to past class evaluation surveys when taking this course (http://www2.rikkyo.ac.jp/web/haradahi/). 
授業計画
Course
Schedule
1. 行政学入門1:行政学の体系(何を学ぶのか?) 
2. 行政学入門2:行政学の方法(どうやって学ぶのか?) 
3. 管理論3:所掌事務管理論―共管競合事務は省庁再編後もなぜ増大したのか? 前編 
4. 管理論3:所掌事務管理論―共管競合事務は省庁再編後もなぜ増大したのか? 後編 
5. 管理論4:情報資源管理論―統計不正問題はなぜ発生したのか? 前編 
6. 管理論4:情報資源管理論―統計不正問題はなぜ発生したのか? 後編 
7. 政策論1:政策課題設定過程論─こんにゃく入りゼリーはなぜ規制されたのか? 前編 
8. 政策論1:政策課題設定過程論─こんにゃく入りゼリーはなぜ規制されたのか? 後編 
9. 政策論2:政策決定過程論─パブリック・コメント手続はなぜ機能しないのか? 前編 
10. 政策論2:政策決定過程論─パブリック・コメント手続はなぜ機能しないのか? 後編 
11. 政策論3:政策実施過程論─生活保護世帯はなぜ急増したのか? 前編 
12. 政策論3:政策実施過程論─生活保護世帯はなぜ急増したのか? 後編 
13. 政策論4:政策評価過程論─政策評価は政策の見直しになぜつながらないのか? 前編 
14. 政策論4:政策評価過程論─政策評価は政策の見直しになぜつながらないのか? 後編 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義資料(音声付きPowerPointファイル)の閲覧後,最終頁に提示している課題を作成し、立教時間(https://portfolio.rikkyo.ac.jp/login)を通じて提出すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原田 久  『行政学』   法律文化社  2016  4589037904 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西尾勝  『行政学』   有斐閣  2001  4641049777 
2. 真渕勝  『行政学』   有斐閣  2020  4641149356 
3. 曽我謙悟  『行政学』   有斐閣  2013  4641124833 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義資料のアップロード日及び課題の締切日は次の通り。
第 1回:9月20日(月)、9月26日(日)
第 2回:9月27日(月)、10月25日(日)
第 3回:10月4日(月)、10月 9日(日)
第 4回:10月18日(月)、10月24日(日)
第 5回:10月25日(月)、10月31日(日)
第 6回:11月8日(月)、11月14日(日)
第 7回:11月15日(月)、11月 21日(日)
第 8回:11月 22日(月)、11月28日(日)
第 9回:11月29日(月)、12月5日(日)
第10回:12月6日(月)、12月12日(日)
第11回:12月13日(月)、12月 19日(日)
第12回:12月 20日(月)、12月26日(日)
第13回:1月17日(月)、1月23日(日)
第14回:1月24日(月)、2月 6日(日) 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP