シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX275/政治過程論1
(Political Process 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
政治アクターの行動原理 
担当者 (Instructor) 孫 斉庸(SOHN JEYONG) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX275 



授業の
目標
Course
Objectives
政治アクターが追求する目標や行動原理について理解する。 
The objective of this course is to understand the goals and behavioral principles of political actors.  
授業の
内容
Course
Contents
 様々な意見を持つ構成員の相互関係によって成り立っている社会において,多様な要求をどのように集約するのかの問題は非常に重要です。この授業では,社会における集合的な意思決定のプロセスにみられる,政治アクター間の相互作用について学ぶことで,現代日本政治の様々な政治過程を体系的に理解するための基礎を身につけます。
 各回の授業では,「多くの民主主義国家で投票率が低下しているのはなぜか」,「所属政党から離党し,他の政党に移る議員が現れるのはなぜか」,「政党間の合併によって誕生した新党が再び分裂に向かうのはなぜか」といった問いを設定し,政治アクターが追求する目標と行動原理からその答えを見つけていきます。
 なお,政治アクター間の相互作用を規定する様々な政治制度の内容とその帰結については,同じく春学期に開講される「政治過程論 2」で扱います。 
Contemporary society is made up of individuals and groups with various opinions and preferences. Therefore, when engaging in decision-making, the problem of how to aggregate a diverse set of demands is very important. This course will provide participants with the necessary knowledge to understand interactions between political actors in contemporary Japanese politics.
At the beginning of each class, we will pose questions such as, "What is the reason behind the declining voter turnout in most established democracies?", "Why do legislators switch political parties?", and "Why do political parties split?" and try to discover the answers by using the knowledge on the behavioral principles of political actors.

Please note that the topics on the political institutions will be covered in "Political Process 2" held during the spring semester.
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス
 
2. 分析単位としての個人と合理的選択理論 
3. グループとしての選択と社会的選択理論 
4. 政治過程におけるゲーム的状況
 
5. 因果関係の推論 
6. 有権者の投票行動(1) 
7. 有権者の投票行動(2) 
8. 政治的情報とマスメディア 
9. 政治家 
10. 政党と政党システム 
11. 連立政権 
12. 利益団体と政治資金 
13. 中央と地方 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,履修登録後にBlackboard上で受講者に対して行います。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
特に指定しません。各回レジュメを用意して,授業前日までにそのPDFファイルをBlackboardを通じて配布しますので,各自印刷して持参してください。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大川千寿編  『つながるつなげる日本政治』   弘文堂  2020年  9784335460418 
2. 飯田健・松林哲也・大村華子著  『政治行動論 -- 有権者は政治を変えられるのか』   有斐閣  2015年  9784641150294 
3. 川人貞史・吉野孝・平野浩・加藤淳子著  『現代の政党と選挙(新版)』   有斐閣  2011年  9784641124240 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP