シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX330/国際経済法
(International Economic Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 東條 吉純(TOJO YOSHIZUMI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX330 



授業の
目標
Course
Objectives
国境を越える企業の貿易・投資活動に対する主権国家の公的規制及びこれに対する国際法上の規律の仕組みを理解する。 
This course aims to understand the public regulations of sovereign states on the cross-border activities of trade and investment and the mechanism of WTO and other international rules on them. 
授業の
内容
Course
Contents
主権国家は多様な国内政策目的を達成する手段として法的規制を行ってきたが,これら規制は国境を越える経済活動に大きな影響を及ぼす場合がある。経済のグローバル化の進展に伴って,こうした規制は様々な形で修正を迫られてきた。その最も重要な例の一つが第二次大戦以降の国際社会による貿易自由化への取り組みであり,その中心的存在がGATT・WTO法の枠組みである。特に,WTO(世界貿易機関)の設立により,規律対象範囲は物品貿易からサービス貿易や知的財産保護にまで拡大され,さらに投資規制や競争政策に関する国際規律の形成も視野におかれている。それでは,このような国際規律は,主権国家の公的規制に対して,どのような正当性に基づき,何をどこまで実効的に義務づけるものだろうか。
本授業では,総論として国際経済法を学ぶ上で必要となる基本概念や基礎理論について説明した上で,WTO法の全体構造と主要規律を中心に解説する。 
Sovereign states enforce various regulations as a means of achieving a variety of domestic policy objectives, which can have a significant impact on cross-border economic activity. With the progress of economic globalization, these regulations have been forced to be amended in various ways. One of the most important examples is the efforts of the international community to liberalize trade since World War II, and its central existence is the framework of the GATT / WTO Law. In particular, with the establishment of the WTO (World Trade Organization), the scope of discipline has been expanded from trade in goods to trade in services and protection of intellectual property, and the formation of international discipline regarding investment regulation and competition policy is also being considered. Then, what is the legitimacy and what and how effectively does such international discipline control the public regulations of sovereign states?
In this course, it is explained that the basic legal concepts and theories necessary for studying international economic law and the overall structure and main discipline of the WTO law. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 国際法と国内法 
3. GATTからWTOへ(1) 
4. GATTからWTOへ(2) 
5. WTO法の全体構造と主要な基本原則 
6. 関税 
7. 数量制限 
8. 最恵国待遇原則(1) 
9. 最恵国待遇原則(2) 
10. 内国民待遇原則(1) 
11. 内国民待遇原則(2) 
12. 投資規制(TRIMs) 
13. 紛争解決手続(1) 
14. 紛争解決手続(2) 
15. ダンピング防止税(AD) 
16. 補助金相殺関税(CVD) 
17. 補助金に対する国際規律(SCM協定) 
18. セーフガード(SG) 
19. 貿易制限の正当化理由(1) 
20. 貿易制限の正当化理由(2) 
21. サービス貿易(1) 
22. サービス貿易(2) 
23. サービス貿易(3) 
24. サービス貿易(4) 
25. 地域連携協定/FTA(1) 
26. 地域連携協定/FTA(2) 
27. 地域連携協定/FTA(3) 
28. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に随時指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
備考(Notes)
授業中に実施する小テストや、提出物などを加点対象として考慮する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 経済産業省  2020年版 不公正貿易報告書     2020   
その他(Others)
経済産業省『2020年版 不公正貿易報告書』(https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/tsusho_boeki/fukosei_boeki/report_2020/honbun.html)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP