シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX464/法学特殊講義(金融商品取引法)
(Special Lecture on Law(Financial Instruments and Exchange Law)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 河村 賢治(KAWAMURA KENJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3900 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX464 



授業の
目標
Course
Objectives
金融・資本市場を支える法制度の重要性を理解する。
なお、この科目は法学特殊講義の一つであり、金融・資本市場に関する知識がないと理解が難しい科目であるが、授業では基本的なところから話をしていくので安心してほしい。 
The objective of this course is to understand the importance of the legal system which supports finance and capital markets.
Furthermore, this discipline is one of the special law lectures, and while it is difficult to understand without knowledge of finance and capital markets, rest assured that the fundamentals will be explained in class. 
授業の
内容
Course
Contents
金融商品取引法は、わが国の金融・資本市場の基本法であり、主に、①上場会社等の情報開示(ディスクロージャー)に関する規制、②金融商品取引業者等や金融商品取引所等に関する規制、③内部者取引(インサイダー取引)や相場操縦等に関する規制を定めている。この授業では、教科書だけでなく、最新の経済ニュースの中から金融商品取引法に関連するものを取り上げながら、講義をしていく予定である。 
The Financial Instruments and Exchange Act is the fundamental law for finance and capital markets in Japan, and it primarily establishes the regulations concerning (1) information disclosure for listed companies, (2) financial instrument business operators and financial instrument exchanges, and (3) insider trading and market manipulation. This class is scheduled to cover not only the textbook but will also lecture about issues relating to the Financial Instruments and Exchange Act from the latest economic news. 
授業計画
Course
Schedule
1. 総説:
 金融・資本市場の重要性、金融商品取引法の目的及び規制内容の概要、金融・資本市場のプレーヤー及び監督機関等 
2. 有価証券及びデリバティブ取引:
 有価証券、みなし有価証券、デリバティブ取引の意義等 
3. 有価証券の取引方法:
 有価証券の上場、有価証券取引の仕組み、金融商品取引所、金融商品取引業協会等 
4. 情報開示①:
 情報開示規制の概要、発行市場における情報開示 
5. 情報開示②:
 発行市場における情報開示 
6. 情報開示③:
 流通市場における情報開示 
7. 情報開示④:
 流通市場における情報開示、公開買付け 
8. 情報開示⑤:
 公開買付け、大量保有報告 
9. 不公正取引①:
 インサイダー取引 
10. 不公正取引②:
 インサイダー取引、相場操縦 
11. 不公正取引③:
 相場操縦、包括的な詐欺禁止、風説の流布・偽計取引等 
12. 金融商品取引業者等の規制①:
 第1種金融商品取引業、第2種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業、登録金融機関、金融商品仲介業等 
13. 金融商品取引業者等の規制②:
 誠実公正義務、不招請勧誘、適合性原則、説明義務等 
14. 金融商品取引業者等の規制③及び金融商品取引法の課題:
 その他の行為規制、プロ・アマ規制、金融ADR、ESG投資等 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に予習・復習について指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
リアクションペーパー(40%)
テキスト
Textbooks
授業開始時に指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
金融や証券に関心がある者はぜひ受講してほしい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP