シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX477/法学特殊講義(International Civil Procedure)
(Special Lecture on Law(International Civil Procedure)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
英語により国際民事手続法を受講する 
担当者 (Instructor) 早川 吉尚(HAYAKAWA YOSHIHISA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) 5502(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX3901 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) EX477 



授業の
目標
Course
Objectives
Learn present dispute resolution systems for cross-border commercial disputes in Japan and other countries.
 
グローバル化の進む現代における私人・私企業間の国際的な紛争の解決方法の基本構造を英語による講義を通じて修得させる。 
授業の
内容
Course
Contents
Main focus will be placed on transnational litigation, international commercial arbitration and cross-border bankruptcy. Combination of lecture and class discussion. Participants are encouraged to actively participate in class discussion.
 
日本企業と外国企業の間で紛争が生じたとき,どの国の裁判所で解決されるのでしょうか。外国企業を相手に訴訟を行う場合,どういった点に配慮する必要があるのでしょうか。外国で判決が下された場合に,それは我が国にどのような影響をもたらすのでしょうか。
国際民事手続法とは,各国ごとに法制度が異なるという現在の国際社会の状況の下,国際的な民事紛争をどのように解決するかを規律する法です。国際化がますます進展する現代において,その重要性は拡大の一途をたどっています。
講義では,我が国の国際民事手続法の基本構造をできる限り丁寧に説明することで,ときに難解ともいわれるこの法をわかりやすく解説することを心掛けます。
なお、本講義はすべて英語により行われます。英語による講義のヒヤリング能力の向上に意欲的な学生の参加を待っています。 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction 
2. Jurisdiction① 
3. Jurisdiction② 
4. Jurisdiction③ 
5. Jurisdiction④ 
6. Service Abroad① 
7. Service Abroad② 
8. Taking of Evidence Abroad① 
9. Taking of Evidence Abroad② 
10. Foreign Governing Law① 
11. Foreign Governing Law② 
12. Recognition and Enforcement of Foreign Judgments① 
13. Recognition and Enforcement of Foreign Judgments② 
14. Recognition and Enforcement of Foreign Judgments③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
If you have any question, please send an-email to haya@rikkyo.ac.jp.

講義内容に関する個別の質問に関しては,電子メールによって出来る限りお答えしたいと思っています。haya@rikkyo.ac.jpまでお気軽に送信してください。
なお、日本語による「国際民事手続法」も別に展開されていますので、あわせて受講すると、より理解が深まります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
講義中の発言(40%)
テキスト
Textbooks
Related documents will be distributed in the class room.

講義の中で資料その他を配布します。
参考文献
Readings
Kanzaki, Hayakawa and Motonaga, "Private International Law" (Yuhikaku)

日本語の副読本として神前・早川・元永『国際私法(有斐閣アルマ)』(有斐閣)をお勧めします。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
The same subject is provided by another professor in Japanese language. Please consider taking the class as well for your better understanding.

別教員による日本語による「国際民事手続法」も開講されています。授業内容のよりよい理解のために、あわせて履修することも可能ですので、ご検討ください。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP