シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX564/法学基礎演習
(Introductory Seminaron Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
法哲学の諸問題/さまざまな法哲学的問題を具体的に考える 
担当者 (Instructor) 平井 光貴(HIRAI MITSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) A101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX564 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習は、①自分の報告担当テーマについて論理的に考え、自分の意見を説得的議論として展開する力、②自分の関心に合わせて報告担当テーマと関連する文献を渉猟し、自分の議論に反映する力、③自分自身の議論をレジュメにまとめ、皆の前で報告する力、④各回の報告テーマについての全員でのディスカッションに参加し、議論する力を養うことを目標として進めていきます。 
The objectives of this seminar are to enable students to cultivate (1) the ability to think logically about the topic that they are in charge of presenting and develop their opinions as a persuasive argument, (2) the ability to extensively read the literature relating to the topic that they are in charge of presenting according to their own interests and reflect that in their own argument, (3) the ability to summarize their own argument in an outline to present in front of everyone, and (4) the ability to participate and debate in discussions with everyone about each presentation topic. 
授業の
内容
Course
Contents
法哲学という科目は、憲法や民法といった実定法科目と比較すると、あまりなじみがない方も多いかもしれません。法哲学は、いわゆる基礎法学とよばれる学問分野に属するものの1つで、「法とは何か?」とか「統治制度はどのようなものであるのが望ましいか?」といった、原則として特定の法体系を相手とする実定法学と比較するとより一般的抽象的な議論を展開するところにその特色があります。
そのような法哲学ですが、本演習は、そういった一般的抽象的な議論を、具体的な法哲学的諸問題に適用するとどうなるのか、ということを主眼に進めていきます。指定テキストの瀧川裕英編『問いかける法哲学』では、「ドーピングは禁止すべきか?」「自分の臓器を売ることは許されるべきか?」「犯罪者を薬物で改善してよいか?」等々の論争的な話題が挙げられ、執筆者が自らの立場から一定の法哲学的見解を提示しています。
演習参加者の皆さんには、指定テキストから関心のあるテーマを1つ選ぶか、あるいはテキストに挙げられていないが特に関心のあるテーマを主題として、テキストの哲学的議論の展開方法を適宜参考にしつつ、自分の報告担当回に報告をしてもらいます。そして、報告後には、演習参加者全員で当該報告内容やテーマに関するディスカッションを行います。本演習を通じて、一筋縄ではいかないような難しい法哲学的諸問題について論理的に考え、そのことについて他者と意見を交わすという経験をしてもらえればと思います。 
The discipline known as the Philosophy of Law might be unfamiliar to many people compared to positive law disciplines such as Constitutional Law and Civil Law. Philosophy of Law is one area which belongs to the academic field called Basic Law which when compared with the field of positive law that deals with a specific legal system is largely noted for developing more general and abstract arguments such as, "What is law?" and "What kind of political system would be desirable?"

This seminar will focus on the Philosophy of Law by asking what happens when such general and abstract arguments are applied to specific problems of legal philosophy. The specified textbook by Hirohide Takikawa titled, "Philosophers of Law Ask You" raises many contentious issues such as, "Should doping be prohibited?", "Should we allow people to sell their own organs?", and "Is it okay to improve criminals with medicine?" in which the author presents certain legal philosophical views from his own perspective.

All seminar participants will be required to select one topic of interest from the specified textbook or a topic that they are particularly interested in that is not covered in the textbook, refer as needed to the textbook’s methods of developing a philosophical argument, and present a report during their class session. Following the presentation, all of the seminar participants will engage in a discussion about the report details and topic. It is hoped that this seminar will help students to think logically about complicated and difficult Philosophy of Law problems and experience what it is like to exchange opinions about those problems with others. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 報告とディスカッション 
3. 報告とディスカッション 
4. 報告とディスカッション 
5. 報告とディスカッション 
6. 報告とディスカッション 
7. 報告とディスカッション 
8. 報告とディスカッション 
9. 報告とディスカッション 
10. 報告とディスカッション 
11. 報告とディスカッション 
12. 報告とディスカッション 
13. 報告とディスカッション 
14. 報告とディスカッション・まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回ごとに報告者を決め、報告担当者は報告担当テーマに関する自分の議論をレジュメにまとめて配布します。
報告担当者以外の参加者は、次回報告テーマがテキストに沿ったものである場合には、該当箇所を読んできたうえでディスカッションに参加してください。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席およびディスカッションへの参加(60%) 、担当回の報告内容(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 瀧川裕英編  問いかける法哲学   法律文化社  2016  9784589037886 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 瀧川裕英・宇佐美誠・大屋雄裕  法哲学   有斐閣  2014  9784641125674 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名前後
配当年次:1年次
選考方法:レポート
  ①題目:本演習で具体的にどのようなことをテーマとして論じたいかを、必要であれば指定テキストを適宜参考として書いてください。
②字数:A4用紙1枚程度(書式自由)



指定テキストが具体的にどのような問題を取り上げているかについては、下記リンクを参照してください:
https://www.hou-bun.com/15mokuji/03788-6_mk.pdf 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP