シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX565/法学基礎演習(法曹志望者向け)
(Introductory Seminaron Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
法曹志望者のための民法基礎演習 
担当者 (Instructor) 原田 昌和(HARADA MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 9202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX565 



授業の
目標
Course
Objectives
将来、司法試験を受験するための基礎として、学修方法を確立し、法律文書の書き方を理解すること。この演習は、法曹志望者のみを対象にしている。 
The objective of this course is to establish a learning method and understand how to write legal documents as a basis for taking the Bar Examination in the future.This seminar is only for prospective legal professionals. 
授業の
内容
Course
Contents
学習内容として扱う分野は、民法総則とする。百選などに掲載されている判例を検討し、関連する事例問題(毎回数人の人に答案を書いてきてもらう予定)を考えることによって、民法の基礎知識を身につける。判例検討の方法は、参加人数により、判例報告またはディベートの方法による。下記のテーマを予定しているが、受講者の学習進度によって変更することがある。 
The classes will cover the general provisions and real rights in Part I of the Civil Code. This objective of this seminar in to deepen students’ knowledge of Civil Law by studying the judicial precedents listed in the Top One Hundred etc. and related case issues. Classes may be reported or debated, depending on the number of participants. The following themes are planned and are subject to change depending on student progress. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 情報検索講習会 
3. 94条2項類推適用1 
4. 94条2項類推適用2 
5. 錯誤1 
6. 錯誤2 
7. 表見代理1 
8. 表見代理2 
9. 表見代理3 
10. 表見代理4 
11. 無権代理と相続1 
12. 無権代理と相続2 
13. 公序良俗違反1 
14. 公序良俗違反2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回のテーマに合わせて各自の教科書の該当部分を予習し、そのうえで、問題に対する各自の解答を考えておくこと。各回の担当者は、さらに、報告を文書化して、全員に配布する。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート(40%) 、報告(30%) 、発言(30%)
テキスト
Textbooks
授業内で指示する。
参考文献
Readings
予復習は各自の教科書でよいが、報告、ディベートの際には、図書館に備え付けられている教科書、体系書などの参照が必須である。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名程度
配当年次:1年次
選考方法:
  ①題目:自己紹介、法曹三者のどれを目指しているか、そのような志望に至ったきっかけ
②字数:1500字程度 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP