シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX570/法学基礎演習
(Introductory Seminaron Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
二重課税を通じて税の公平と効率性を考える 
担当者 (Instructor) 浅妻 章如(ASATSUMA AKIYUKI ) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) 9202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX570 



授業の
目標
Course
Objectives
 高校卒業程度の知識を前提として(すなわち、租税法未履修であることは当然のこととして)、二重課税にまつわる13の問題について勉強していきます。法学部では権利義務関係を中心的に勉強していきますが、この演習ではそこに厚生経済学的な考え方をミックスした思考方法も修得してほしいと考えています。 
 It is assumed that this seminar's participants have a high school level knowledge (i.e., they have not yet completed tax law), and then, we will study 13 issues related to double taxation. In the College of Law and Politics, students mainly study the relationship between rights and obligations, but in this seminar, I would like students to acquire a way of thinking that mixes the concept of welfare economics. 
授業の
内容
Course
Contents
 教科書は13章あります。初回に演習参加者を幾つかの班に分けて、誰がどの章の報告担当者になるかを決めます。13は素数なので、班は固定ではなく、違う組み合わせも作っていくことになると思います。
 演習参加者全員が、予習として、教科書の該当する章を読んでくることが前提となります。
 報告担当者は、その章に関する自分なりの意見(教科書の執筆者に対する反論があると、とても良い)や、他の演習参加者に対するその章に関する質問を作成し、レジュメとして演習参加者に配布します。
 演習の各回では、およそ、30分くらいを報告担当者の報告時間とし、残りの時間を討議の時間とする予定です。討議の時間においては、報告担当者が他の演習参加者に対して質問等をする、或いは、他の演習参加者が報告担当者に質問等をする、ということを予定しています。
 報告担当者の報告が鋭いものであれば成績評価において加点の対象となりますし、他の演習参加者の議論が良ければそれも成績評価において加点の対象となります。最も悪いことは、話をふられた人が黙り込むことです。黙ることと比べたら、間違ったことを発言する方が良いです。間違った発言があれば、その発言がどのように間違っているかの解説を聞くことで、発言者本人も他の演習参加者も理解を深めることができるからです。ですから、演習における貢献は、良い発言>悪い発言>黙る、です。 
 There are 13 chapters in the textbook. In first class, this seminar's participants will be split to some groups and we will decide who will be a presenter of each chapter. Since 13 is a prime number, the groups will not be fixed, and different combinations will be made.
 It is assumed that all participants will have read the relevant chapter in the textbook as a prerequisite for the exercise.
 The presenter will prepare his or her own opinion about the chapter (a rebuttal to the textbook author would be very good) and questions to the other participants about the chapter, which will be distributed to the participants as a resume.
 In each exercise, the presenter will report for about 30 minutes, and the rest of the time will be for discussion. During the discussion time, the presenter will ask questions to the other participants, and the other participants will ask questions to the presenter.
 If the presenter's report is sharp, he or she will receive points for the grade, and if the other participants' discussions are good, they will also receive points for the grade. The worst thing that can happen is that the person being asked to speak becomes silent. It is better to say the wrong thing than to be silent. This is because if something is said incorrectly, both the speaker and the other participants in the exercise can gain a better understanding by hearing the explanation of how the statement is wrong. Therefore, the contribution to the exercise is as follows: good comments > bad comments > silence. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ホームラン・ボールを拾って売ったら二回課税されるのか? 
3. 生命保険年金受給権に相続税を課すのに、さらに所得税も課すのか?
 
4. 公平と中立性との違い
 
5. 所得税があるのに相続税も課すのはおかしいのではないか?
 
6. 家族を扶養したら、寄附金と同じように所得を分割できるのか?
 
7. 利子に課税しないほうが中立・公平であるという考え方
 
8. 資産課税も利子課税と同様の二重課税を含んでいる
 
9. 法人所得課税と個人所得課税の二重課税を調整する方法はない
 
10. 今年黒字なのに税金を納めない輩がいるのは、けしからん?
 
11. 消費税(付加価値税)の納税義務者を規定しても負担者は分からない
 
12. 外国で納めた税額について日本で二重課税を救済する
 
13. 貧しい人に低価格で保育や教育を提供すべきか?
 
14. 才能を測定できるなら才能に課税すべきか? 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 演習参加者は事前に教科書の該当する章を読んでくる。
 報告担当者は、その章に関する自分なりの意見や、他の演習参加者に対する質問を作成してくる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告担当者としての報告や質問の良し悪し(50%) 、演習参加者としての発言の積極性とその良し悪し(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 浅妻章如  『ホームラン・ボールを拾って売ったら二回課税されるのか』   中央経済社  2020  978-4502331718 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・採用人数:10-20名
・選考方法:レポート
①題目:税について興味のあること
②字数:1000-2000字 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP