シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX589/法学基礎演習
(Introductory Seminaron Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アメリカの陪審制度
Jury Trial in the United States  
担当者 (Instructor) 秋元 奈穂子(AKIMOTO NAOKO)
ハフェッツ(HAFETZ,JONATHAN)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 4254(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2911 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX589 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習では、アメリカにおける訴訟手続のうち陪審制度に焦点をあて、陪審制度の概要を理解したうえでスクリプトに基づいて模擬陪審審理を行い、訴訟手続を体験することを目的とする。 
This seminar focuses on the jury system among the civil procedure in the United States. After understanding the jury system, students will experience litigation procedure through mock jury trials.  
授業の
内容
Course
Contents
最初の数回において、アメリカの訴訟制度につき陪審制度を中心に概要を理解する。そのうえで、陪審審理のスクリプトにもとづき、学生は役割分担をして模擬陪審審理を行い、審議結果とその理由について議論を行う。文献及びスクリプトは英語である。制度の解説及び学生同士の議論は日本語を使用する。
なお、陪審制度の概要理解を行う演習前半中、数回、アメリカ人教員が参加しアメリカの実務を紹介するとともに、ゼミ後半で実施する模擬陪審審理の審議結果について日本人教員と共にコメントを行う。その際、日本人教員が日本語で要約を行うとともに学生からの質問やコメントを通訳する。
 
In the first few classes, students will understand the overview of litigation procedure, especially jury trial in the United States. Students will then try mock jury trials.
Articles for reading and mock trial scripts are written in English. For lecture and students' discussion, Japanese will be used in the class.
An American lecturer will partly join the seminar for the overview classes and as well as classes to assesses the conclusion of the mock jury deliberation. The Japanese lecturer will give a summary in Japanese as well as translate the comments and questions from students to the American lecturer.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. アメリカにおける訴訟手続(文献購読及び議論) 
3. 陪審制度(文献購読及び議論) 
4. 陪審制度(文献購読及び議論) 
5. 陪審制度(文献購読及び議論) 
6. 陪審制度(文献購読及び議論) 
7. 陪審審理に関するビデオ・映画の鑑賞 
8. 模擬陪審審理1(1) 
9. 模擬陪審審理1(2) 
10. 模擬陪審審理1(3) 
11. 模擬陪審審理2(1) 
12. 模擬陪審審理2(2) 
13. 模擬陪審審理2(3) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業前に指定された文献の購読、コメントの準備を行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表及び議論への参加(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Randolph N. Jonakait  The American Jury System (Yale Contemporary Law Series)   Yale University Press  2003  ISBN-13: 978-0300124637 
その他(Others)
テキストについてはKindle版でも可。その他スクリプト等は配布する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:12
配当年次:1年次
選考方法:
  ①題目:本演習を希望する理由
②字数:800字以内

【2021年8月11日担当者の追加】
ハフェッツ(HAFETZ,JONATHAN)

【2021年9月1日授業の内容の変更】
(変更前)
最初の数回において、アメリカの訴訟制度につき陪審制度を中心に概要を理解する。そのうえで、陪審審理のスクリプトにもとづき、学生は役割分担をして模擬陪審審理を行う。
文献及びスクリプトは英語である。制度の解説及び学生同士の議論は日本語を使用する。
In the first few classes, students will understand the overview of litigation procedure, especially jury trial in the United States. Students will then try mock trials.
Articles for reading and mock trial scripts are written in English. For lecture and students' discussion, Japanese will be used in the class.  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP