シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX601/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
憲法判例を多角的に読む 
担当者 (Instructor) 岡野 誠樹(OKANO NOBUKI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) X101(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX601 



授業の
目標
Course
Objectives
法律学の学習上、判例を的確に理解していることは否が応でも求められる。教科書類でも判例に全然触れないというものは見当たらず、憲法学についても事情は変わらない。ただ、そこで判例についてまとめられた内容だけでは、判例の十分な理解に至ることは、往々にして難しい。時には判例集で原典に直接当たることが、望ましい所以である。
さらに付け加えれば、判例集に当たった方が、判例の学習を(私見で言えば少なくとも10倍は)楽しめる。判例集のテクストは、多様なアプローチを許すものであるから、楽しみ方は色々である。その色々な楽しみ方を試してみようというのが、目標だということになる。 
An accurate understanding of judicial precedents is essential for studying law. Every textbook addresses judicial precedents in some way, and the same holds true for constitutional law. However, it is sometimes difficult to reach a sufficient understanding of judicial precedents with just the summarized contents. In some cases, it is desirable to directly refer to the original text in the official reports. Furthermore, referencing the original text makes the study of judicial precedents enjoyable (according to the instructor’s viewpoint at least ten times more). Because the original text allows for various approaches, there are many ways to enjoy reading judicial precedents. The objective of this seminar is to try out various ways of enjoying the study of judicial precedents. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期は個々のケース、秋学期は複数の判例のまとまり(例えば、平等判例)を、それぞれ単位として授業を進める。対象の単位のとり方が違うことに応じて、春は個別報告、秋はグループ報告を、授業の中心とすることを想定している。そこで扱う判例は、参加者の関心に沿って選ぶことになる。ただ、それに先立って、判例の多角的検討がコンセプトであるから、検討の焦点となり得る複数の候補を、教員が指定する判例を素材に確認する回がある。(ただし、この間も参加者に担当を割り当てる。)
全体を通じて、担当者、担当者以外の参加者ともに、相応に準備した上で主体的に議論に参加する姿勢が求められる。準備のために予備ゼミを行うことも、奨励される。 
The classes will be conducted in separate units with the spring semester covering individual cases and the fall semester focusing on summaries of multiple judicial precedents (for example, judicial precedents about equality). Due to the different way in which the units are taken, it is expected that classes will focus on individual reports in the spring and group reports in the fall. The judicial precedents which are covered will be selected according to the interests of the participants. Nonetheless, because the seminar concept is the multilateral examination of judicial precedents, for some sessions multiple possible options which can be a focus of discussion will be confirmed using the judicial precedent designated by the instructor as material. (However, participants will still be assigned judicial precedents to cover at this time as well.) Throughout the entire seminar, students in charge of a particular topic as well as the other participants are required to sufficiently prepare and actively participate in the discussions. Students are also encouraged to hold a preliminary seminar to prepare. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 個別意見を読む 
3. 下級審判決を読む 
4. 事案を読む 
5. 法廷意見を読む 
6. 個別報告(1) 
7. 個別報告(2) 
8. 個別報告(3) 
9. 個別報告(4) 
10. 個別報告(5) 
11. 個別報告(6) 
12. 個別報告(7) 
13. 個別報告(8) 
14. 個別報告(9) 
15. 判例の展開を辿る(1) 
16. 判例の展開を辿る(2) 
17. グループ報告(1) 
18. グループ報告(2) 
19. グループ報告(3) 
20. グループ報告(4) 
21. グループ報告(5) 
22. グループ報告(6) 
23. グループ報告(7) 
24. グループ報告(8) 
25. グループ報告(9) 
26. グループ報告(10) 
27. グループ報告(11) 
28. グループ報告(12) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・各回の担当者は、周到に自身の担当箇所について準備する。
・個別報告、グループ報告については、報告1週間前までに報告者がプレレジュメを作成して、問題の所在と報告の方向性を、参加者・教員と共有する。
・報告などの担当に当たらない参加者も、プレレジュメも参考に、質問・議論の準備として十分な予習をする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当箇所の学習度(50%) 、平常の出席状況及び議論への貢献度(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿編  『憲法判例百選Ⅰ〔第7版〕』   有斐閣  2019  9784641115453 
2. 長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿編  『憲法判例百選Ⅱ〔第7版〕』   有斐閣  2019  9784641115460 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:最大20名程度
配当年次:2-4年次
選考方法:レポート
  ①題目:あなたがこれまで最も興味関心をそそられた判例について、そのポイントをまとめ、どこがあなたにとって面白いと感じられたか、説明しなさい。(憲法判例に限る必要はなく、また、端緒が報道などで触れたことであっても構わない。)
②字数:A4で1~2枚
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP