シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX606/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
人の法・家族法――基本判例を学びながら現代的な問題を考える 
担当者 (Instructor) 幡野 弘樹(HATANO HIROKI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 7202(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX606 



授業の
目標
Course
Objectives
民法に関するさまざまな問題点を検討しながら,問題の正確な位置づけを把握し,法的な思考に基づいて自分の考えを導くことができるようになることを目指します。それとともに,文献を調べる,グループで発表の準備をし報告をする,報告に基づき討論するといった,学問をする上でも社会に出る上でも必要な技術を習得することを目指します。  
The objectives of this seminar are to examine the various problems in Civil Law while accurately understanding the positioning of those problems and to become able to derive your own ideas based on legal thinking. At the same time, this seminar aims to enable students to master the techniques which are required for learning and to become a member of society which include researching the literature, preparing as a group for a presentation and giving a report, and engaging in a debate based on a report.  
授業の
内容
Course
Contents
このゼミでは,民法の人の法・家族法の分野からいくつかの現代的な問題を検討します。その際,その問題と関係のある民法の基本判例を学ぶことを通じて,議論をする際に前提となる基本知識を学びます。1つの問題を検討するために,複数回かけて,基本判例と現代的な問題を検討します。
「人の法」という言葉はなじみがないかもしれませんが,民法の中にある人の同一性や人身・人格にかかわる事柄を扱う分野のことをいいます。たとえば,氏名や性別といった事柄は人の同一性に関わりますし,不法行為法による人身・人格の保護の問題も「人の法」に含まれます。
春学期は,下記の4つのテーマを基本テーマとします。
①契約による自由の制限と公序良俗
②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー
③代理懐胎と母子関係
④同性カップル関係の法的保護
秋学期は,春学期の最終回に,ゼミ生と話し合って基本テーマを決めます。
このゼミでは, 毎回2名の報告者が該当テーマに関する報告を行い, それに基づいて討論をします (各参加者は, 学期中に1-2回報告することになります) 。 また, 報告後の討論の司会をする, つまり論点を提示するのも報告者です (教員が必要に応じて手助けをします) 。皆さんの自主性を重んじたいと思っています。 十分な予習, 積極的な発言が求められます。
また,このゼミでは,他のゼミとの交流(今年度は学外のゼミとの交流を予定しています)など,状況が許す限りイベントを積極的に行いたいと思っています。
配当年次は2‐4年となっています。とりわけ2年生は,十分な予習が求められます。また,報告者は,前提知識がない2年生にも理解ができるように発表の準備をしてもらう必要があります。 就職活動についても,できる限り配慮します。4年生も積極的にご参加ください。 
This seminar examines some contemporary issues of personality law and family law. At that time, you will learn the basic knowledge which is a prerequisite for discussions by learning basic case law related to modern issues. When examining a problem, we look at the basic case and the modern problem.
Although the term “personality law” may not be familiar, it refers to the area of civil law which deals with issues related to a person's identity and personality.
The spring semester will have the following four core themes.
① Restriction of liberty by contract and public order
② Internet Expression and Defamation / Privacy
③ Surrogacy and mother-child relationship
④ Legal protection of same-sex couple relationships
In the fall semester, during the last round of the spring semester, we will discuss with the students of the seminar and decide on the core themes.
In this seminar, during each session two students will present a report on the relevant topic which will form the basis of discussion (each participant will give one to two reports during the semester). Moreover, the students giving the report will also present the arguments after the report to lead the discussion (the instructor may assist as needed). The instructor wishes to respect the autonomy of all students. Students are required to sufficiently prepare and actively speak up in discussion.
Furthermore, various events are actively plan for the seminar such as exchanges with other seminars (exchanges with seminars at other universities are planned for this academic year) and a visit to the Family Court.
The assigned years for this seminar are the second through the fourth year. Sufficient preparation is particularly required for second-year students. In addition, students presenting reports will need to prepare their presentations such that they can be understood by second-year students without the prerequisite level of knowledge. Consideration will be given to students involved in job searching activities. Fourth-year students are also welcome to actively participate in this seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. ――以下の予定は,皆さんのレポートの内容などを反映させるため,変更の可能性があります――
概要説明・報告割り当て 
2. テーマ①契約による自由の制限と公序良俗(その1:基本判例)
芸娼妓契約と公序良俗――最判昭和30・10・7民集9巻11号1616頁 
3. テーマ①契約による自由の制限と公序良俗(その2:現代的問題)
アイドルの恋愛禁止ルールの有効性――東京地判平成28・1・18判時2316号63頁 
4. テーマ②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー(その1)
名誉毀損の基本判例①事実の摘示型――最判昭和41・6・23民集20巻5号1158頁 
5. テーマ②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー(その2)
名誉毀損の基本判例②意見・論評型――最判平成9・9・9民集51巻8号3804頁 
6. テーマ②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー(その3)
プライバシーの基本判例(ノンフィクション『逆転』事件)――最判平成6・2・8民集48巻2号149頁 
7. テーマ②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー(その4)
プライバシーの現代的判例(インターネット検索結果とプライバシー)――最判平成29・1・31民集71巻1号63頁 
8. テーマ②インターネット上の表現行為と名誉毀損・プライバシー(その5)
プロバイダ責任制限法の改正 
9. テーマ③代理懐胎と母子関係(その1)
母子関係の基本判例(母の認知)――最判昭和37・4・27民集16巻7号1247頁 
10. テーマ③代理懐胎と母子関係(その2)
外国で代理出産により出生した子と出生届――最決平成19・3・23民集61巻2号619頁 
11. テーマ④同性カップル関係の法的保護(その1:基本判例)
不貞行為の相手方に対する慰謝料請求(婚姻カップル)――最判平成8・3・26民集50巻4号933頁 
12. テーマ④同性カップル関係の法的保護(その2:基本判例)
異性カップルに対する内縁保護法理の確立――最判昭和33・4・11民集12巻5号789頁 
13. テーマ④同性カップル関係の法的保護(その3:現代的問題)
同性カップルの不貞行為の相手方に対する慰謝料請求――東京高判令和2・3・4裁判所ウェブサイト 
14. 秋学期のテーマ決定 
15. 概要説明,報告割り当て 
16. 履修者選択テーマ① 
17. 履修者選択テーマ② 
18. 履修者選択テーマ③ 
19. 履修者選択テーマ④ 
20. 履修者選択テーマ⑤ 
21. 履修者選択テーマ⑥ 
22. 履修者選択テーマ⑦ 
23. 履修者選択テーマ⑧ 
24. 履修者選択テーマ⑨ 
25. 履修者選択テーマ⑩ 
26. 履修者選択テーマ⑪ 
27. 履修者選択テーマ⑫ 
28. 履修者選択テーマ⑬ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告者は周到な準備が求められます。 報告者でない参加者も, 十分な予習が求められます。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告の内容(40%) 、出席態度(30%) 、発言の内容・積極性(30%)
テキスト
Textbooks
開講時に配布します。立教時間あるいはBlackboardなども使用します(開講時に指示します)。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:20人
配当年次:2-4年
選考方法:レポート
  ①題目:自己紹介および本演習で勉強したいテーマについて
  ②字数:1000字程度
演習論文:実施しません。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP