シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX611/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
知的財産法プレゼン&ディスカッションゼミ 
担当者 (Instructor) 長谷川 遼(HASEGAWA RYO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 6405(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX611 



授業の
目標
Course
Objectives
 裁判例・学説等の分析を通して知的財産法に関する理解を深める。併せて、プレゼンの能力や、ディスカッションを充実したものにするための力を養う。 
 The objective of this seminar is to deepen the students’ understanding of Intellectual Property Law through an analysis of court precedents and theories, etc. At the same time, it will also cultivate the students’ abilities to give presentations and engage in thorough discussions. 
授業の
内容
Course
Contents
 参加者には、指定する裁判例を、関連する学説・裁判例や時事問題も含めて調査した上で、グループ発表を行ってもらいます。知的財産法は、エンターテイメント、デザイン、技術、ブランド、営業秘密といった、様々な分野に関わる法領域ですが、今年度のゼミは、ブランドに関わる商標法と、技術に関わる特許法に焦点を当てます(来年度は、不正競争防止法と著作権法を扱う予定です)。報告者の人数や報告回数等は、参加人数や各自の関心を考慮して後ほど決定します。
 報告の後に、参加者全員で議論を行います。議論の形式は報告者に任されますが、最近はグループディスカッションを交えた形を採ることが多いです。
 演習を充実したものにするためにも、報告者・報告者以外の参加者ともに相応の準備が求められます。報告者には、本報告の一週間前に、プレレジュメによって、報告内容の簡略な予告と最低限の参考文献の指定を行ってもらいます。報告者以外の参加者には、指定された裁判例を事前に読み、プレレジュメを参考に当該テーマについてある程度理解を深めた上で本報告に臨んでもらいます。
 なお本演習は、知的財産法の講義を受講中又は受講済みの方以外でも、知識の不足を補うに足る熱意を持った方であれば、参加可能です。議論を楽しいものにするためにも、多様なバックグラウンドや関心を持った皆さんの参加を期待しています。 
 Participants will give group presentations after researching the specified court precedents including related theories, precedents, and current topics. Intellectual Property Law is an area of law which is involved with various fields such as entertainment, design, technology, branding, and trade secrets, but the seminar during this academic year will focus on Trademark Law involving brands and Patent Law involving technology (the seminar during the following academic year is scheduled to cover the Unfair Competition Prevention Act and the Copyright Act). The number of presenters and the number of reports will be decided later based on the number of participants and in consideration of individual interests.
 After the reports, all participants will engage in a discussion. The discussion format will be left up to the presenters, but recently many students adopt a format which mixes in group discussion.
 In order to make it a productive seminar, presenting students as well as other participants are required to carry out a suitable level of preparation. One week before a report is given, the presenters will provide a brief preview of the report content and specify the minimum reference literature through a pre-summary. Participants who are not presenting will read the specified court precedent in advance and attend the report presentation after deepening their understanding of the relevant topic to a certain degree by referring to the pre-summary.
 Furthermore, please note that students who are not currently taking or have not previously taken a lecture on Intellectual Property Law may participate in this seminar if they have the enthusiasm to make up for their lack of knowledge. To make the discussions more enjoyable, it is hoped that students with a diverse range of backgrounds and interests will participate. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. オリエンテーション 
3. 商標法1 
4. 商標法2 
5. 商標法3 
6. 商標法4 
7. 商標法5 
8. 商標法6 
9. 商標法7 
10. 商標法8 
11. 商標法9 
12. 商標法10 
13. 商標法11 
14. 商標法12 
15. オリエンテーション 
16. 特許法1 
17. 特許法2 
18. 特許法3 
19. 特許法4 
20. 特許法5 
21. 特許法6 
22. 特許法7 
23. 特許法8 
24. 特許法9 
25. 特許法10 
26. 特許法11 
27. 特許法12 
28. その他 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 指定された裁判例と、次回報告者が1週間前に配布するプレレジュメを読み込むとともに、教科書等で関連分野の予習を行ってくることが要求されます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(プレレジュメ・レジュメ・プレゼン態様を含む)(50%) 、議論や運営への参加態様(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 茶園成樹編  『商標法〔第2版〕』   有斐閣  2018  978-4641243118 
2. 小泉直樹  『知的財産法入門』(岩波新書)   岩波書店  2010  978-4004312666 
その他(Others)
 上記の書籍はあくまで参考文献です。予習に際しては、その他の教科書・体系書を使用しても構いません。ゼミ開始前に知的財産法の分野全体の概要を掴んでおきたい方には、小泉・前掲書をお勧めします。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数 : 20名
配当年次 : 2~4年次
選考方法 : レポート
①題目 :簡略な自己紹介(知財の創作・利用との関わりがあれば教えてください(必須ではありません))/知的財産法について関心のあるテーマとその理由
②字数 :A4で1~2枚
演習論文 :実施しません 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP