シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX621/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代日本政治リサーチ 
担当者 (Instructor) 孫 斉庸(SOHN JEYONG) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 9302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX621 



授業の
目標
Course
Objectives
現代日本政治に関する最新の研究成果を講読することによって,日本政治について多角的に考察する力を養う。 
To build capacity to understand Japanese politics from multiple perspectives by reading recent literature of contemporary Japanese politics 
授業の
内容
Course
Contents
 国内の政治学ジャーナルに最近掲載された論文を中心に,毎回2本ずつ講読していく。主に現代日本政治に関する論文をとりあげるが,受講者の関心分野に合わせて対象となる文献を適宜調整する予定である。
 授業は,毎回報告担当者にレジュメを作成してもらい,それをもとにディスカッションを行う形式をとる。 
Each week, we are going to read two Japanese articles which are recently published in political science journals. The articles will be selected mainly from the field of contemporary Japanese politics, however participants' research interests will be also considered.
The seminar will be conducted by having each participant prepare and deliver presentation on the chapter in charge and having a discussion on the related issues. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 報告と議論 
3. 報告と議論 
4. 報告と議論 
5. 報告と議論 
6. 報告と議論 
7. 報告と議論 
8. 報告と議論 
9. 報告と議論 
10. 報告と議論 
11. 報告と議論 
12. 報告と議論 
13. 報告と議論 
14. 報告と議論・総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,履修登録後にBlackboard上で履修者に対して行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当箇所の報告(50%) 、授業・討論への参加度(50%)
テキスト
Textbooks
なし。印刷した文献を事前に配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大川千寿編  『つながるつなげる日本政治』   弘文堂  2020年  9784335460418 
2. 飯田健・松林哲也・大村華子著  『政治行動論 : 有権者は政治を変えられるのか』   有斐閣  2016年  9784641150294 
3. 川人貞史・吉野孝・平野浩・ 加藤淳子著  『現代の政党と選挙(新版)』   有斐閣  2011年  9784641124240 
4. 建林正彦・曽我謙悟・待鳥聡史著  『比較政治制度論』   有斐閣  2008年  9784641123649 
5. 粕谷祐子著  『比較政治学』   ミネルヴァ書房  2014年  9784623071449 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:10名程度
配当年次:2〜4年次
選考方法:レポート
 ①題目:本演習を志望する理由
 ②字数:自由
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP