シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX625/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
労働法・社会保障法 
担当者 (Instructor) 島村 暁代(SHIMAMURA AKIYO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 5126(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX625 



授業の
目標
Course
Objectives
労働法と社会保障法に関する政策や裁判例を検討することを通じて,正確な知識と深い理解にもとづく議論ができるようになり,具体的な課題に対して自分なりの展望が描けるようになること。  
The purpose of this course is for students to be able to engage in discussion based on accurate knowledge and deep understanding gained by examining court precedents that cover the major arguments of Labor Law and Social Security Law and their systems so that they can depict their own vision for specific issues. 
授業の
内容
Course
Contents
 労働法と社会保障法に関する政策や裁判例の検討を通じて、労働法や社会保障法に関する理論的な枠組みを理解してもらいます。
受講生の中からゼミ長と副ゼミ長を選び、受講生中心にゼミの運営が進むことを期待します。グループ作業による学生主体の報告・討論が中心となるため,授業外の準備を含めた,相当の時間を要する見込みです。場合によっては,週末や夕刻の時間帯にかかる作業もあります。受講生の希望等に応じて,ゲストスピーカーの招へいや,合宿,施設見学等も予定しています。また,最終レポートでの総括を予定しています。
 これらのことを理解して,積極的かつ主体的に参加できる人の参加を歓迎します。
なお,以下の授業計画は一例であり,受講生の関心や希望により,随時変更します。  
To handle workplace issues, students must first pin down the fundamental knowledge and understand the theoretical framework of the dispute resolution system by studying politics and court precedents on Labor Law and Social Security Law.
Students elect a Seminar Organizer and Vice Organizer from among them, and they mainly manage and coordinate the course. Because the focus is on student-led reports and debates based on group work, this course is expected to require considerable time to prepare outside the classroom. In addition, the final report requires an overall summary.
Depending on circumstances, work may be required on weekends or in the evening. Students who understand these requirements and can participate proactively and independently are welcome to enroll. Note: The following plan is an example and changes as necessary according to student requests and the state of progress.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ブレインストーミング 
3. 基本的な知識の確認 
4. 裁判例の検討 
5. 裁判例の検討 
6. 裁判例の検討 
7. 裁判例の検討 
8. 裁判例の検討 
9. 裁判例の検討 
10. 裁判例の検討 
11. 裁判例の検討 
12. 施設見学 
13. 中間小括 
14. 政策の検討 
15. 政策の検討 
16. 政策の検討 
17. 政策の検討 
18. 政策の検討 
19. 政策の検討 
20. 政策の検討 
21. 政策の検討 
22. 政策の検討 
23. 報告と討論 
24. 報告と討論 
25. 報告と討論 
26. 報告と討論 
27. 報告と討論 
28. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
憲法、行政法、社会保障法、労働法を履修済みか、並行して履修予定であることが望ましいです。インターンシップなど、労働現場の体験を強く推奨します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・発言内容(40%) 、報告内容(40%) 、最終レポート(Final Report)(20%)
備考(Notes)
無断欠席が3回以上の場合,成績評価の対象としません。
テキスト
Textbooks
使用する裁判例等については,授業中に指示します。なお,六法は必携です。
参考文献
Readings
授業中に指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
選考された場合は辞退しないで下さい。また,学期中の連絡はemailを使用しますので,使えるようにしておいて下さい。

<選考方法>
採用人数:8名程度
配当年次:2~4年次
選考方法:レポート
  ①題目:ゼミで勉強したいことと将来の展望について
②字数:1200字程度
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP