シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX630/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
WTO法判例講読・研究 
担当者 (Instructor) 東條 吉純(TOJO YOSHIZUMI ) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 5212(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX630 



授業の
目標
Course
Objectives
WTOパネル・上級委員会報告書(英文)の講読を通じて、WTO紛争解決手続の重要性を把握し、その仕組みを理解し、国際貿易の主要ルールについての基本的な理解を得る。
  
Through reading of the WTO Panel and Appellate Body reports (English) to grasp the importance of the WTO Dispute Settlement procedures, understand the mechanism, and achieve a basic understanding of the major rules of international economic law.  
授業の
内容
Course
Contents
春学期は,WTO判例を全員で講読し、法律英語および法的な表現、および,WTOルールの基礎を学ぶ。秋学期は、主なWTO判例を個人または数人のチームに割り当てて、当該判例のうち指定された部分(10頁程度)について、その概要を報告した上で,全体で討議して判例の理解を深める。 
In the spring semester, students will read relevant pages in WTO Dispute Settlement reports in the class to learn legal terms and expressions in English and the fundamental rules of WTO Agreements. In the fall semester, certain parts of major WTO Dispute Settlement reports, approximately 10 pages for each case, will be assigned to a team of two or three students to present their summary at the sessions, and then discuss together for deeper understanding of the case..  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション WTO協定の概要と本演習の進め方 
2. WTO判例講読(全員):事例①(その1) 
3. WTO判例講読(全員):事例①(その2) 
4. WTO判例講読(全員):事例①(その3) 
5. WTO判例講読(全員):事例①(その4) 
6. WTO判例講読(全員):事例②(その1) 
7. WTO判例講読(全員):事例②(その2) 
8. WTO判例講読(全員):事例②(その3) 
9. WTO判例講読(全員):事例②(その4) 
10. WTO判例講読(全員):事例③(その1) 
11. WTO判例講読(全員):事例③(その2) 
12. WTO判例講読(全員):事例③(その3) 
13. WTO判例講読(全員):事例③(その4) 
14. 春学期のまとめ。後期担当割り当て 
15. WTO判例報告(個別)、討議 
16. WTO判例報告(個別)、討議 
17. WTO判例報告(個別)、討議 
18. WTO判例報告(個別)、討議 
19. WTO判例報告(個別)、討議 
20. WTO判例報告(個別)、討議 
21. WTO判例報告(個別)、討議 
22. WTO判例報告(個別)、討議 
23. WTO判例報告(個別)、討議 
24. WTO判例報告(個別)、討議 
25. WTO判例報告(個別)、討議 
26. WTO判例報告(個別)、討議 
27. WTO判例報告(個別)、討議 
28. 全体総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
WTO判例教材の事前準備,報告。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告・プレゼンテーション(60%) 、演習への積極的参加・発言(40%)
テキスト
Textbooks
授業中に指示する。
WTO判例の入手先URL(https://www.wto.org/english/tratop_e/dispu_e/dispu_status_e.htm)
参考文献
Readings
経済産業省通商政策局編『不公正貿易報告書』(毎年5月中旬に新版が発表される。)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 20 名
配当年次: 3・4年次
選考方法: レポート
①題目: 本演習を希望する理由
②字数: 1200字程度
演習論文: 実施しない。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP