シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX636/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
民法事例演習 
担当者 (Instructor) 野澤 正充(NOZAWA MASAMICHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) D302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX636 



授業の
目標
Course
Objectives
民法(主に財産法)に関する事例問題を通じて、民法の基礎知識、法的思考能力、プレゼンテーション能力を養う。 
The objectives of this seminar are to cultivate the students’ knowledge about Civil Law, the ability to think in a legal manner, and the ability to give presentations through debates about Cases studies of Civil Law. 
授業の
内容
Course
Contents
この演習は、最高裁の近年の判例や事例問題(司法試験・公務員試験等の問題を含む)を素材に、民法をより深く学ぶことを目的とする。題材は、財産法が中心となるが、適宜、家族法にも目向ける予定である。
周知のように、民法の財産法に関しては、2020年4月1日に、債権法改正が施行された。それゆえ、この演習でも、新しい債権法に合わせた問題を検討する予定である。そして、受講生は、事例問題の検討を通して、民法の基礎知識のみならず、社会人となって必要とされる論理的思考力や法的な物の考え方(リーガルマインド)を身に付けることができるであろう。 
This objective of this seminar in to deepen students’ knowledge of Civil Law by studying the judicial precedents and related case issues.
As everybody knows, the obligations of a civil law was revised on April 1, 2020. Therefore, it's expected to consider the cases of a new obligations. The member of this class can put on a way of thinking which is needed in society as well as basic knowledge of a civil law. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 第1回問題の検討 
3. 第2回問題の検討 
4. 第3回問題の検討 
5. 第4回問題の検討 
6. 第5回問題の検討 
7. 第6回問題の検討 
8. 第7回問題の検討 
9. 第8回問題の検討 
10. 第9回問題の検討 
11. 第10回問題の検討 
12. 第11回問題の検討 
13. 第12回問題の検討 
14. 第13回問題の検討 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席態度(30%) 、担当回の報告内容(35%) 、発言・コメントペーパー等平常の授業態度(35%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 20名程度
配当年次: 3・4年次
選考方法: レポート(必須)
①題目: この演習を志望する理由
②字数: A4用紙1枚(2000字程度)
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP