シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX638/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経済法演習 
担当者 (Instructor) 早川 雄一郎(HAYAKAWA YUICHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) A302(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX638 



授業の
目標
Course
Objectives
独占禁止法と景品表示法の学習を通じて、基礎的な法的思考力を身に付けるとともに、企業の行動やビジネスについての理解を深めることを目標とする。
独占禁止法や景品表示法では、有名企業や身近な商品の先例も多く、その検討を通じて、企業の行動やビジネス・経済についての基礎的な理解を養うことができる。 
The objectives of this seminar are to cultivate the fundamental legal ability to think critically while understanding corporate behaviors and business through studying the Antimonopoly Act and the Act Against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations.
There are many precedents concerning famous companies and familiar products under the Antimonopoly Act and the Act Against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations, and a fundamental understanding of corporate behaviors, business, and economics can be achieved through examining those cases. 
授業の
内容
Course
Contents
受講生の希望も踏まえて決定するが、概ね、以下の内容を予定している。
1.まず、演習の序盤では、独占禁止法に関する参考書を講読し、独占禁止法の基礎的な仕組みを確認する。
2.その後、独占禁止法と景品表示法の重要な先例につき、報告者の報告と受講者全体による討論を行い、企業のどのようなビジネス活動が独占禁止法や景品表示法に違反するのかを学習する。
3.その他に、受講者の希望次第では、経済法、あるいはビジネスに関連するテーマについて検討することもある。

本ゼミでは、報告者の報告を踏まえて全体で議論するという方式を基本とするが、必要に応じて、教員から問題を提示して受講者に考えてもらう方式も併用する。

本ゼミでは、企業やビジネス、経済の問題を扱うので、それらに関心のある学生の参加を歓迎する。 
The seminar content will be based on student requests and the following content is planned.
1. First, during the opening of the seminar, students read a textbook to understand the fundamental mechanisms of the Antimonopoly Act through debating the simplified cases.
2. Next, students present reports and engage in debates with all of the students regarding important precedents of the Antimonopoly Act and the Act Against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations to learn what types of corporate business activities violate these acts.
3. In addition, economic law or business-related topics may also be examined based on student requests.

The format of this seminar is based on a class discussion of reports given by student presenters, but the faculty member may present students with problems to think about in a combined approach as needed.

Because this seminar will cover companies, business, and economic problems, students with an interest in those areas are welcome to participate. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション(1) 
2. オリエンテーション(2) 
3. 報告と受講者全体による討論 
4. 報告と受講者全体による討論 
5. 報告と受講者全体による討論 
6. 報告と受講者全体による討論 
7. 報告と受講者全体による討論 
8. 報告と受講者全体による討論 
9. 報告と受講者全体による討論 
10. 報告と受講者全体による討論 
11. 報告と受講者全体による討論 
12. 報告と受講者全体による討論 
13. 報告と受講者全体による討論 
14. 春学期まとめ 
15. オリエンテーション 
16. 報告と受講者全体による討論 
17. 報告と受講者全体による討論 
18. 報告と受講者全体による討論 
19. 報告と受講者全体による討論 
20. 報告と受講者全体による討論 
21. 報告と受講者全体による討論 
22. 報告と受講者全体による討論 
23. 報告と受講者全体による討論 
24. 報告と受講者全体による討論 
25. 報告と受講者全体による討論 
26. 報告と受講者全体による討論 
27. 報告と受講者全体による討論 
28. 全体まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回で取り上げる先例やテーマについて、事前に資料を読んで予習することが求められる。
なお、後記参考文献については、初回の授業時に説明する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、平常の授業態度・議論への参加度(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 金井貴嗣ほか編  経済法判例・審決百選(第2版)   有斐閣  2017  9784641115347 
2. 土田和博ほか  条文から学ぶ独占禁止法(第2版)   有斐閣  2019  9784641243149 
3. 金井貴嗣ほか編  ケースブック独占禁止法(第4版)   弘文堂  2019  9784335305191 
4. 宮井雅明編著  経済法への誘い   八千代出版  2016  9784842916750 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
4月は対面実施予定。5月以降は履修者との相談により決定するが、少なくとも月1回以上は対面実施する予定である(履修者の希望によっては、対面実施の回数がより多くなることもありうる)。なお、新型コロナウイルスの流行状況によっては、以上の予定を変更する可能性もある。

<選考方法>
採用人数:10名~15名程度
配当年次:3、4年次
選考方法:レポート
  ①題目:次の(a)又は(b)のうち、どちらか1つを選択。
  (a)関心のある業界や企業を1つ取り上げ、その業界や企業について調べたこと(扱っている商品やサービスの内容、市場シェア、現状や将来の課題、歴史など、何でもよい。)を説明しなさい。
  (b)このゼミを志望した理由。
  ②字数:1000字から2000字程度
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP