シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX642/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
会社法・商法判例演習 
担当者 (Instructor) 高橋 美加(TAKAHASHI MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 5205(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX642 



授業の
目標
Course
Objectives
商法・会社法の重要判例を検討することにより、基本的かつ実践的な法律解釈論を身につけることを目標とする。 
The aim of this seminar is to cultivate a basic and practical legal interpretation ability through examination of the latest important judicial precedents on both commercial and corporate law. 
授業の
内容
Course
Contents
商法・会社法の判例は複雑な事例であることが多い。社会を騒がせた有名な事案であっても、法的な論点が何であったのかは知られていない場合もある。本演習はいわゆるケーススタディとして、比較的最近の商法・会社法の判例・裁判例をいくつか取り上げ、紛争に至る背景を詳細に調査・解説し,何が争点となったか、解決方法として裁判所が提示した内容は妥当であったのかなどを分析する。扱う内容は多岐にわたるが、企業不祥事と内部統制システム、M&Aと少数株主保護など、参加者の関心対象を調査した上で題材を相談する。参加者は法律論のみならず広く経済社会に興味を持って取り組むことが望まれる。

授業は対面で行われるが、状況に応じてオンラインに切り替えることがある。 
Case law in commercial and corporate law is often very complex. Even in famous cases that you might have heard the news, it is not always known what the legal issues were. In this seminar, we will take up some relatively recent cases, investigate and explain the background to the disputes in detail, and analyze what became the points of contention and whether what the court proposed was appropriate as a solution for the case. The topics to be covered will be diverse, but we will consult with the participants on the subjects they are interested in, such as corporate governance, mergers and acquisitions, and protection of minority shareholders. Participants are expected to be interested not only in legal theory but also in economic and social issues.

This seminar will be provided in face to face learning, however it might be switched to online depending on the circumstances. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、判例・文献検索について 
2. 判例の検討<事例編> 
3. 判例の検討<判旨編> 
4. 判例の検討<事例編> 
5. 判例の検討<判旨編> 
6. 判例の検討<事例編> 
7. 判例の検討<判旨編> 
8. 判例の検討<事例編> 
9. 判例の検討<判旨編> 
10. 判例の検討<事例編> 
11. 判例の検討<判旨編> 
12. 判例の検討<事例編> 
13. 判例の検討<判旨編> 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告はグループ単位で行うので、サブゼミを行うなど相当の準備を要する。
報告者以外も、事前配布された判例に目を通し、基本的な法律構成について理解しておくことが望まれる。
すでに商法(1)(2)の授業を履修済みであるか、並行して履修していることが望まれる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当する報告(60%) 、ゼミ内での発言・議論などの貢献(20%) 、提出物等(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 岩原紳作他  会社法判例百選(第3版)   有斐閣  2016  99784641115309 
2. 神作裕之他  商法判例百選   有斐閣  2019  9784641115439 
その他(Others)
授業までに新版が出版された場合には新版を準備することを勧めます。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊藤靖史ほか  リーガルクエスト会社法   有斐閣  2018  9784641179356 
2. 髙橋美加ほか  会社法(第3版)   弘文堂  2020  9784335358395 
その他(Others)
授業までに新版が出版された場合には新版を準備することを勧めます。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数 : 15名程度
配当年次 : 2~4年次
選考方法 : レポート
①題目 : 商法・会社法に関連する裁判例や新聞報道であなたの興味のあるものを取り上げて解説しなさい(春学期演習履修者には、別途演習中指示します)。
②字数 : 2000字程度
演習論文 : 実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP