シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX649/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
中国の今までとこれから 
担当者 (Instructor) 倉田 徹(KURATA TORU) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) 7205(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX649 



授業の
目標
Course
Objectives
政治問題を中心に、中国の現在位置を知り、その将来像を予測しながら、日本が中国とこれからどう向き合って行くべきかを考える。 
The objective of this seminar is to know the current position of China, predict its future image, and think about how Japan should face China in the future, focusing on political issues. 
授業の
内容
Course
Contents
中国は権威主義的な統治手法によって政治の安定と経済発展を実現し、世界の注目を集めています。一方、強権的な統治は香港をはじめ周辺地域に大きな摩擦を生んでいます。隣国である日本がこれにどう対応するかは、今後数十年の日本の発展や平和にとって、極めて重要です。この演習では、中国の各種の政治問題を幅広く考察し、深く理解することで、日本が中国とどのような関係を築くべきなのかを考えます。
ゼミ全体で中国政治の諸問題についての理解を共有した上で、グループに分かれて事例研究を行います。希望者には演習論文を執筆してもらい,その内容についてもゼミで議論して行きます。
なお、本ゼミでは時間を延長して開講する場合がありますので、6限の時間もできる限り他の授業や私用を入れないこと、グループ研究を重視するため、受講者相互間の連絡や協力などに,課外の時間にも積極的に対応すること、また、他大学との合同ゼミなどの正規の開講時間以外の各種行事にも、労を惜しまず積極的に参加することが履修の条件です。 
China has achieved political stability and economic development through authoritarian governance methods, and is attracting worldwide attention. On the other hand, despotic governance has created a great deal of friction in Hong Kong and the surrounding areas. How Japan, its neighbor, responds to this is extremely important for Japan's development and peace in the coming decades. In this seminar, we will consider what kind of relationship Japan should have with China by broadly considering and deeply understanding various political issues in China.
Throughout this seminar, students will share their understanding of various problems in Asian politics before breaking into groups to carry out case studies. Students who wish to do so will write a seminar paper, which will also be discussed in the seminar.
Please note that the time for this seminar may be extended, so students should not schedule other classes or personal business during the sixth period. In order to emphasize the group research, students will need to actively contact and cooperate with each other outside of class hours. Diligent and active participation in events outside of the seminar class hours is a requirement to take this seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・グループ分け 
2. 共通文献輪読① 
3. 共通文献輪読② 
4. 共通文献輪読③ 
5. 共通文献輪読④ 
6. 共通文献輪読⑤ 
7. 事例研究とグループ発表① 
8. 事例研究とグループ発表② 
9. 事例研究とグループ発表③ 
10. 事例研究とグループ発表④ 
11. 事例研究とグループ発表⑤ 
12. 事例研究とグループ発表⑥ 
13. 事例研究とグループ発表⑦ 
14. 演習論文中間報告会 
15. 事例研究とグループ発表⑧ 
16. 事例研究とグループ発表⑨ 
17. 事例研究とグループ発表⑩ 
18. 事例研究とグループ発表⑪ 
19. 事例研究とグループ発表⑫ 
20. 事例研究とグループ発表⑬ 
21. 事例研究とグループ発表⑭ 
22. 事例研究とグループ発表⑮ 
23. 事例研究とグループ発表⑯ 
24. 事例研究とグループ発表⑰ 
25. 事例研究とグループ発表⑱ 
26. 事例研究とグループ発表⑲ 
27. 事例研究とグループ発表⑳ 
28. 演習論文最終報告会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
常に中国に関する報道をチェックしておくこと。また、予告された教材の熟読や、それに関連する課題などの予習が求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当部分の報告(50%) 、出席状況と議論への参加度(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 東大社研現代中国研究拠点  現代中国ゼミナール: 東大駒場連続講義   東京大学出版会  2020  9784130230766 
2. 川島真、遠藤貢、高原明生、松田康博編  中国の外交戦略と世界秩序   昭和堂  2019  9784812219058 
3. 松本はる香  〈米中新冷戦〉と中国外交:北東アジアのパワーポリティクス   白水社  2020  9784560097892 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 益尾知佐子  中国の行動原理 国内潮流が決める国際関係   中公新書  2020  9784121025685 
2. 中居良文  中国の南向政策   御茶の水書房  2020  9784275021250 
3. 小口彦太  中国法 「依法治国」の公法と私法   集英社新書  2020  9784087211436 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数: 20名
配当年次: 2-4年次
選考方法:レポート
①題目:「コロナ対策の日中比較」。信用できる情報源から多く、正確に引用した上で、自身の議論を行うこと。
②字数:2000字程度
演習論文:実施する 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP