シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX652/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
お水の行政学 
担当者 (Instructor) 原田 久(HARADA HISASHI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 7203(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX652 



授業の
目標
Course
Objectives
蛇口から水が出なくなる日を想像したことがありますか? 水道料金が各地で値上げされているのはなぜでしょうか? 「ぽつんと一軒家」への水の供給はいつまで可能なのでしょうか? この演習の目標は、2018年水道法改正の政策過程を素材に、日本の水道事業の持続可能性を高める制度的条件を明らかにすることです。 
The goal of this seminar is to clarify the institutional conditions that make Japanese water supply works sustainable. We will discuss the policy process of revised Water Supply Act in 2018 as an example.  
授業の
内容
Course
Contents
春学期には,日本の水道事業に関する基礎的な知識を得るために下記のテキストや 2018 年の水道法改正に関する国会議事録を輪読します。秋学期には,班ごとに群馬県太田市、群馬県館林市及び埼玉県秩父市の水道事業について現地調査します。調査結果はゼミ論文集としてまとめる予定です。 
In spring semester, students will read a book and government materials indicated below to deepen their fundamental understanding of the Japanese water supply works. In autumn semester, they will study water supply works in Ota City, Tatebayashi City and Chichibu City. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、班分け 
2. 橋本淳司『水道民営化で水はどうなるのか』(岩波ブックレット)第1~2章の輪読 
3. 橋本淳司『水道民営化で水はどうなるのか』(岩波ブックレット)第3~4章の輪読 
4. 橋本淳司『水道民営化で水はどうなるのか』(岩波ブックレット)第5~6章の輪読 
5. 2018年6月29日衆議院厚労委員会議事録の輪読1 
6. 2018年6月29日衆議院厚労委員会議事録の輪読2 
7. 2018年7月4日衆議院厚労委員会議事録の輪読1 
8. 2018年7月4日衆議院厚労委員会議事録の輪読2 
9. 2018年11月27日参議院厚労委員会議事録の輪読1 
10. 2018年11月27日参議院厚労委員会議事録の輪読2 
11. 2018年12月4日参議院厚労委員会議事録の輪読1 
12. 2018年12月4日参議院厚労委員会議事録の輪読2 
13. 宇野二朗「水道法改正をめぐる課題」(月刊自治研713号)の輪読 
14. ゲストスピーカーによる報告と討論 
15. 太田市・群馬県東部広域水道事業の調査 
16. 館林市・浄水施設等の包括的民間委託の調査 
17. 秩父市・秩父地域の水道広域化の調査 
18. 太田市へのヒアリング項目の調整 
19. 館林市へのヒアリング項目の調整 
20. 秩父市へのヒアリング項目の調整 
21. 太田市へのヒアリング結果の報告 
22. 館林市へのヒアリング結果の報告 
23. 秩父市へのヒアリング結果の報告 
24. ゼミ論集原稿の報告(太田班) 
25. ゼミ論集原稿の報告(館林班) 
26. ゼミ論集原稿の報告(秩父班) 
27. ゼミ論文集のリライト(全班)1 
28. ゼミ論文集のリライト(全班)2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
水道事業に関する新聞記事を毎週チェックしてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(50%) 、議論への参加(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 橋本淳司  水道民営化で水はどうなるのか   岩波書店  2019  4002710041 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名
配当年次:2~4年次
選考方法:レポート
  ①題目:2018年の水道法改正について論じなさい
②字数:2000字
演習論文:なし 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP