シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX657/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
英米における生殖補助医療と親子法 
担当者 (Instructor) 秋元 奈穂子(AKIMOTO NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 7302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX657 



授業の
目標
Course
Objectives
生殖補助医療を用いて生まれた子の親子関係に関する規律と関連する論点について、異なる規律を発展させているアメリカの各州及びイングランドの法及び判例の購読と議論を通じて理解する。また、生殖補助医療に基づき出生した子の親子関係につき特別の法規定を有さない日本において、いかなる規律が望ましいかを考える。 
This seminar aims to understand the laws of parentage and related issues of children born through assisted reproductive technology in the United States and England through readings and discussion. In addition, it also encourage students to consider desirable law of parentage for children born through assisted reproductive technology.  
授業の
内容
Course
Contents
アメリカ及びイギリスにおける生殖補助医療の使用に関する事前の規律について理解した後、配偶者間/非配偶者間人工授精、卵子提供、胚提供、代理懐胎という生殖補助医療の各類型ごとに、それらを用いて生まれた子の親子関係に関する判例法及び制定法の規律を、判例や論文をもとに検討する。また、遺伝上の親を知る権利及び死後生殖の問題についても取り扱う。
学生は、事前に指定された判例及び論文を読んで各回の演習に参加し、判例及び論文をもとに議論する。 
In the first few classes, students will understand the regulations for the use of ART in the United States and England. It goes on to discuss case laws and statutory laws on parentage for each categories of ART, artificial insemination by husband, artificial insemination with donor, egg/ embryo donation and surrogacy. In addition, this seminar will address the issues of the right to know the genetic origin and posthumous use of gamete.
Students are required to read the cases/articles before the class and will have discussion in class based on such readings.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. アメリカ、イギリスにおける親子法及び生殖補助医療規制の概観 
3. 生殖補助医療の目的及び使用する個人についての規制 
4. 配偶者間人工授精(Artificial Insemination by Husband)  
5. 非配偶者間人工授精(Artificial Insemination with Donor) 
6. 卵子提供(Egg Donation)、胚提供(Enbryo Donation) (1) 
7. 卵子提供(Egg Donation)、胚提供(Enbryo Donation) (2) 
8. 代理懐胎 Surrogacy(1) 
9. 代理懐胎 Surrogacy(2) 
10. 代理懐胎 Surrogacy(3) 
11. 遺伝上の親を知る権利/ドナーの匿名性(1)right to know the genetic origin 
12. 遺伝上の親を知る権利/ドナーの匿名性(2)right to know the genetic origin 
13. 死後生殖 (posthumous use of gamete)  
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各授業回において指定された文献(判例や論文)を事前に読み、コメントを準備する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表及び議論への参加(100%)
テキスト
Textbooks
判例、論文等のコピーをテキストとして配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田中英夫編集代表  英米法辞典   東京大学出版会  1991  978-4-13-031139-7 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名
配当年次:2年次以上
選考方法:
  ①題目:本ゼミを希望する理由
②字数:800字以内
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP