シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX659/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
SDGsとビジネスロー 
担当者 (Instructor) 河村 賢治(KAWAMURA KENJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 7202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX659 



授業の
目標
Course
Objectives
国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために、ビジネスローがどのような役割を果たしているのか知ると同時に、自分自身が一市民として何ができるのか考える。 
The goal of this class is to know what role the business law plays in achieving the United Nations Sustainable Development Goals (SDGs) and at the same time think about what one can do as a citizen. 
授業の
内容
Course
Contents
SDGsを達成するためには、政府や非営利団体などだけでなく、民間企業の力を活用することが大切になります。実際に、多くの企業が事業活動と社会課題解決の両立に向けた取り組みを進めています。また、投資家も環境・社会・ガバナンス(ESG)を考慮した投資を拡大しています。この授業では、こうした企業や投資家の活動を後押しするビジネスローについて学びます(これらの動きに対して懐疑的な見解も取り上げます)。それと同時に、私たち自身が、例えば消費者・投資者・労働者/経営者などとして、何ができるのか考えたいと思います。
*なお、私は商法(会社法等)と金融商品取引法の教員です。 
In order to achieve the SDGs, it is important to utilize the power of private companies as well as governments and non-profit organizations. In fact, many companies are making efforts to achieve both business activities and solving social issues. Investors are also expanding their investment in consideration of environment, society and governance (ESG). In this class, you'll learn about the business law that drives the activities of these companies and investors (and skeptical views on these moves). At the same time, we would like to think about what we can do, for example, as consumers, investors, or workers / managers.
* I am a professor of commercial law (company law, etc.) and financial instruments and exchange law. 
授業計画
Course
Schedule
1. SDGsとESGの基本 
2. ビジネスローの基本 
3. SDGs・ESGに関連するビジネスローの概要 
4. 企業・投資家等による実践例① 
5. 企業・投資家等による実践例② 
6. 株主利益最大化原則をめぐる議論 
7. 受託者責任をめぐる議論 
8. 企業業績・投資収益との関係をめぐる議論 
9. 企業・投資家等による実践例③ 
10. 企業・投資家等による実践例④ 
11. 海外の最新動向 
12. 資本主義をめぐる議論 
13. 企業・投資家等による実践例⑤ 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講生には企業研究等をしてもらう予定です。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業時の発表や意見・質問など(100%)
テキスト
Textbooks
特に指定しません。
参考文献
Readings
授業時に紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:15名から20名程度
配当年次:2年・3年・4年
選考方法:レポート
  ①題目:SDGsに関するニュースや議論等で気になったものを説明してください。
②字数:1000字から1500字程度
演習論文:実施しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP