シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX662/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代法哲学の問題/法の支配を考える 
担当者 (Instructor) 平井 光貴(HIRAI MITSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) X101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX662 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習は、①テキストの指定された箇所を読解し、的確に要約する力、②要約箇所を批判的に吟味し、自分の意見をコメントとして付す力、③自分の関心に合わせて報告担当テーマと関連する文献を渉猟し、コメントに反映する力、④要約及びコメントをレジュメにまとめ、皆の前で報告する力、⑤各回の報告テーマについての全員でのディスカッションに参加し、議論する力を養うことを目標として進めていきます。 
The objectives of this seminar are to enable students to cultivate (1) the ability to decipher the specified section of the textbook and accurately summarize it, (2) the ability to critically examine the summarized section and add their own opinions as a comment, (3) the ability to extensively read the literature relating to the topic that they are in charge of presenting according to their own interests and reflect that in their own argument, (4) the ability to summarize their own argument in an outline to present in front of everyone, and (5) the ability to participate and debate in discussions with everyone about each presentation topic. 
授業の
内容
Course
Contents
本演習では、ブライアン・Z・タマナハ(著)四本健二(監訳)『「法の支配」をめぐって』の講読を行い、法の支配の起源、リベラリズムや保守主義と法の支配の関係、法の支配の実質的/形式的構想の区別など、法の支配に関連する主要な論点について、歴史的・規範的・哲学的観点から学びます。

演習参加者のみなさんには、本書の講読とディスカッションを通じて、法の支配を巡る上記のようなさまざまな問題について法哲学・政治哲学的観点から考え、理解を深めてもらいたいと思います。 
In this seminar, all participants are to read Brian Z Tamanaha’s On the Rule of Law as the text book and study about major issues of the rule of law, such as the origin of the rule of law, the relationship between the rule of law and liberalism(or conservatism), the distinction between the two conceptions of the rule of law, namely, the substantive conception and the formal conception and so on, from the historical/normative/philosophical point of view.

The instructor hopes that by reading this book and engaging in discussion, all seminar participants will think about the various problems about the rule of law such as described above from the perspectives of legal or political philosophy to deepen their understanding.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 報告とディスカッション 
3. 報告とディスカッション 
4. 報告とディスカッション 
5. 報告とディスカッション 
6. 報告とディスカッション 
7. 報告とディスカッション 
8. 報告とディスカッション 
9. 報告とディスカッション 
10. 報告とディスカッション 
11. 報告とディスカッション 
12. 報告とディスカッション 
13. 報告とディスカッション 
14. 報告とディスカッション・まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各回ごとに報告者を決め、報告担当者はテキストの指定された箇所を要約し、自分のコメントを付したレジュメを作成・配布します。
報告担当者以外の参加者も、次回報告の指定箇所を読んできてディスカッションに参加してください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席およびディスカッションへの参加(60%) 、担当回の報告内容(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ブライアン・Z・タマナハ(著)四本健二(監訳)  「法の支配」をめぐって:歴史・政治・理論   現代人文社  2011  978-4-87798-488-5 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 瀧川裕英・宇佐美誠・大屋雄裕  法哲学   有斐閣  2014  9784641125674 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:13名前後
配当年次:2年次
選考方法:レポート
  ①題目:本演習の志望動機、特に、法の支配との関連で、どのようなことに関心があり、論じたいかを具体的に書いてください。(法の支配においてどのようなことが具体的に問題となっているかについては、指定テキスト等を適宜参照してください。)
②字数:A4用紙1枚程度(書式自由)
演習論文:実施しない
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP